ぺんてる、ロットリング、ラミー!ブランドごとにこんなに違う、シャープペンの魅力!

ぺんてる、ロットリング、ラミー!ブランドごとにこんなに違う、シャープペンの魅力!

皆さんはどこのメーカーのシャープペンを使っていますか?特に意識していないという方も多いでしょうし、文房具メーカーは漠然と知ってはいるものの、どこのメーカーがどうなのか、というところまではあまり知らないという方もいらっしゃることでしょう。今回は、国内で流通しているシャープペンを作っている代表的な文房具メーカーであるぺんてる、ロットリング、ラミーのシャープペンの魅力をご紹介していきます。
書き手:sheep

ぺんてるの名作、「SMASH(スマッシュ)」と「ケリー」

さて、まずは多くの方が知っているであろう「ぺんてる」ですが、正式名称をぺんてる株式会社と呼び、東京都中央区の日本橋に本社を置いています。
社名の由来はpenと伝達の意味を表すtellを合成した造語(ペンで伝える、といった意味)だそうですが、元来の意味はペインティングとパステルの造語であり、同社が送り出した新開発パステルの商標だとか。
ぺんてるの製品は、一般向け製品から製図・デザイン等のプロ向け製品まで、幅広いラインナップで親しまれています。

SMASH(スマッシュ)

51ghn5q9k4l. sl1000
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ぺんてるによるシャープペン「スマッシュ」は、同社の有名な製図用シャープペン「グラフ1000」を前身として、一般用途向けにリデザインされています。
「口金(くちがね)」と呼ばれるペン先部分とグリップが一体化されたデザインをしていることで、書いていても口金が緩むことがありません。また、ペンを握った時に、グリップに飛び出してでこぼこしたラバーの一つ一つが手を捉えることにより、滑り止め効果が上がり、心地よい書き心地が実現されています。また、重心がペン先側により近く、安定感もあります。製図用のシャープペンが前身となっていることから、ペン先パイプが4mmあり、書いている文字が見やすいです。

ケリー

516ostpbxql. sl1000
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ぺんてるのシャープペン「ケリー」は一見すると万年筆のようなデザインですが、実はコンパクトに収納されたキャップ式のシャープペンです。キャップを外すと一回り小さいシャープペンが現れて、後部にカチッと装着する仕組みなのですが、金属製なのも相まって、このワクワク感がたまりません。もちろん、装着後もノックはできますし、こうした機構により低重心となり、安定した書き心地を実現しています。キャップ装着時も、万年筆フォルム時も、そのボディフォルムはとても上品で、プレゼントとしても喜ばれるのではないかと思います。

精密性を誇り、製図用に人気の「ロットリング(Rotring)」のシャープペン

ロットリング(Rotring)は、ドイツのハンブルクに本社を置く筆記具メーカーです。
創業当初から製図用万年筆を主に生産しながら、製造工程のシステム化により、製図・デザイン用品にロットリング・ブランドを展開し、世界的に評価されています。「Rotring」ロゴの特徴的な「O」は、信頼の印を意味する「赤い輪」というトレードマークにもなっています。
ロットリングは、書きやすさや精密性が世界的に高い信頼を得ており、世界中の建築家やデザイナーなどの間でシェアが高く、極めて認知度の高いブランドです。

ロットリング600

51ypwfvh07l. sl1000
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ロットリング社の製図用シャープペン「ロットリング600」は、やはり製図のために作り込まれており、十分な性能を発揮してくれるでしょう。グリップ・軸がほぼ完全に金属製であることから、それなりに重量があるのですが、重心がバランス良く高いので、力を抜いて安定して書くことができます。また、ロットリングには800、600、500、300と4つのシリーズのラインアップがあり、それぞれに重量の差などの特徴があります。メタリックで高い質感から、スタイリッシュな印象を与えてくれます。

ラピッドプロ

514dm sqotl. sl1000
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ラピッドプロはロットリング600等と同じロットリング製品であり、製図のための性能は当然備えています。ラピッドが違う点は、ペン先収納機構です。製図用シャープペンは、ペン先の文字や図の視認性や、定規使用時の利便性などの理由から、ペン先パイプが一般向けシャープペンより長い4mm長であることが多いです。そこには折れてしまうリスクを孕んでいるため、保管・携帯においては細心の注意を払わねばなりませんでした。しかし、ラピッドプロはペン先パイプを内部に収納できる機構が付いているので安心です。

機能によって形付けられるデザイン。「ラミー(LAMY)」のシャープペン

ラミー(Lamy)は、ドイツのハイデルベルクに本社を構える筆記具メーカーです。ラミー社の有する製作技術のもとで、デザイナーの豊かな創造性の実現を重視する製品づくりに定評があります。それは、100年ほど前にドイツに存在し、建築・プロダクトなど現代のデザインに多大な影響を与えた美術学校「バウハウス」の、「機能によってかたち作られるデザイン」という理念に共感した社長やデザイナーによるものでした。そうしてラミーは、機能性とデザインを重視する筆記具メーカーとして世界中で評価されています。

サファリ ペンシル

61y9acigjkl. sl1500
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

サファリはLAMY社の中でも代表的な製品です。サファリの特徴とも言えるボディ上部の大型クリップは、ノートやバインダー、ポケットなどに装備するだけではなく、シャープペンシルの後ろの消しゴムを利用する際の握り手という機能も持っています。また、実際にペンを握るときに、ボディの方には人間工学に基づいた「正しいペンの持ち方」ができるようになる三角形のグリップがしっかりと手にフィットします。こうした工夫から、非常に使いやすく書きやすいペンとなっています。高いデザイン性と機能性を兼ね備えているので、贈り物としても、日常使いとしても、世界中で人気を博しています。

LAMY2000

41pz qt0ywl. sl1049
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

LAMY2000は、1966年に「西暦2000年になっても通用するデザイン」というコンセプトのもとにデザインされ販売されました。実際、50年経った今でも、そのデザインは世界中で高い評価を受けており、多くのファンに愛されています。ボディのつなぎ目が一見してわからないほどに高度な表面工作技術と、それが可能にした美しい曲線を描く丸みのあるボディ。そのデザインは現代の我々が見ても思わず目を奪われるものであり、数十年経った今でも全く色褪せてはいないでしょう。

いかがでしたか?

シャープペン一つとっても、様々なメーカーがその創意工夫により、ここまで各々が魅力的な製品を仕上げているのです。やはり普段使いするものだけに、用途や人によって合うものが違うと思いますので、実際に触れてみるのが一番だと思います。ここで紹介したメーカーにも他に様々なラインナップがありますし、他のメーカーにも素晴らしいシャープペンがたくさんあります。ぜひとも文房具屋に行ったときには、シャープペンを意識して見てみてください!


文房具の新着まとめ