クレドールは、セイコーの美意識が詰まった品格の「しるし」。ソヌリ・シグノなどシリーズの魅力をご紹介。

クレドールは、セイコーの美意識が詰まった品格の「しるし」。ソヌリ・シグノなどシリーズの魅力をご紹介。

「クレドール」はセイコーの高級時計ブランド。日本の美意識を凝縮させた時計デザインを追求していることで知られ、美しさがありながらも広く受け入れられるシンプルさに人気があります。そのシリーズ展開は、日本初のコンプリケーションウオッチ「ソヌリ」や、ベーシックな高級感のある「シグノ」に代表されます。この記事では、そんなクレドールの魅力についてご紹介していきます。
書き手:sheep

セイコーのクレドール。それは、腕時計を超えた日本の最高芸術品。

クレドールは、1974年に貴金属を素材としたセイコー「特選腕時計」をグループ化したことからはじまったセイコーの高級ドレスウォッチブランド。

「クレドール」というのは、フランス語で「黄金の頂」という意味を持ちます。その名の通り、クレドールの気品あふれる腕時計には、金やプラチナなどの貴金属や厳選された宝石などを惜しみなく使われ、そしてデザインとムーブメントに至るまで日本の時計技術の結晶ともいえるほどの高度な技術が詰め込まれています。

「日本の美意識を凝縮させた時計」を追求した腕時計の数々は、ドレスウォッチを超えた最高級の芸術品として人々に愛されています。

クレドール ソヌリ

クレドールのソヌリは、セイコーの匠の技と先進技術の粋を集めたコンプリケーションウォッチ。日本ならではの繊細な技術と感性が詰まったこの1作は、2006年3月、スイスのバーゼルフェアで時計史上初めての機細なメカニズムを備えたことで知られています。そのメカニズムは、メカニカルウォッチ同様にぜんまいで駆動し、水晶とICで制御する「スプリングドライブ」と「ソヌリ機構」のあわせ技。

「時間の流れ」を視覚だけでなく聴覚でも楽しむことができる、そんなクレドールの全てが詰まったマスターピース。

クレドール シグノ

クレドールのシグノ、こちらはシンプルかつ飽きの来ないデザインが特徴のシリーズ。男女を選ばず、本当の大人が使う上質なドレスウォッチとしておすすめすることができます。

また、そのシンプルなシグノのデザインをベースに高度な装飾技法を用いた限定モデルがあるのもシグノの人気の一つ。月の光により生み出される虹現象「月虹」を螺鈿細工と呼ばれる伝統技法で再現した「GCLP991」、ダイヤルに七宝メーカー・安藤七宝社製のエナメルを採用した「GBAQ963」など。日本の技術がひとつに詰められた傑作が数多くあります。

クレドール ジュリ

クレドールのJURI(ジュリ)は大人のエレガントさが特徴的なデザインのシリーズ。18金、プラチナなどの貴金属や貴石を素材としたブレスレットが基調となった大人のためのドレスウォッチです。また、それぞれのモデルごとに特徴的なモチーフがテーマになっているのも興味深いポイントともいえるでしょう。

例えば、以下の写真の「GSAS939」は、みずみずしく張りのある水面をイメージしており、女性の柔らかいさを上手く表現したカーブのケース。リューズは雫を意識したブルーサファイアを用いているなど、まさに美を日本らしく表現したアクサリーウォッチという佇まい。

女性向けのモデルが多く発売されています。

クレドール 限定モデル「FUGAKU」

「FUGAKU」は、2016年の3月に発表したセイコー初のトゥールビヨンムーブメント「キャリバー6830」を用いたセイコー初のトゥールビヨンモデル。「究極の工芸品」ともいえる本作は、セイコーが誇る3人の名工の技と、日本の伝統工芸である漆の技が高度に融合したものになっています。数量は限定8本。このモデル彫金を1本の完成させるだけでも、およそ200時間を要する極めて繊細な作業であるそう。

このデザインの題材は、「FUGAKU」という名前の通り、「富嶽三十六景」のひとつである「神奈川沖浪裏」。この世界観を立体彫金と漆芸の技によりわずか2mmという薄い空間の中に綺麗に構成しています。色漆のグラデーションは、絵画のように立体的で繊細な味わいを感じさせてくれます。

まさに、クレドールの「日本の美意識を凝縮させた時計デザイン」の一つの答えとも言えるでしょう。

クレドールは、メイドインジャパン時計の「美」の究極系

ここまで、日本の美意識を凝縮させた時計デザインを追求してきたセイコーの「クレドール」についてご紹介してきました。

ドレスウォッチを中心としたクレドールは、「ソヌリ」「FUGAKU」のような繊細かつ複雑なメカニズムの美しさに思わず魅了されるもの。そして、シンプルながらも使う人の気品や格を感じさせてくれる「シグノ」や「ジュリ」まで。セイコーの日本的なセンスやその技術の高さを存分に発揮しているモデルの数々があります。

主に大手の百貨店だけでなく、手の届きやすい中古などでも販売されています。一度この美しさを、直接目で見て確かめてみることをおすすめいたします。


時計の新着まとめ