システム手帳は「A5」が最高。ちょうどいいサイズなだけじゃない、その理由とは?

システム手帳は「A5」が最高。ちょうどいいサイズなだけじゃない、その理由とは?

A5サイズをはじめとして、さまざまなサイズがある「システム手帳」。文庫本サイズやポケットサイズなどさまざまなサイズが展開されていますが、なぜ「A5サイズ」が選ばれているのでしょうか。それには、単に「ちょうどいい」というだけではない理由があります。この記事では、そんなA5のシステム手帳をわざわざ選びたい理由と、その便利な使い方をご紹介していきます。
書き手:ネコ吉

A5のシステム手帳、魅力はさまざま。

システム手帳は、リフィルやカバーの組み合わせで自由にカスタマイズができることが特徴の手帳です。ビジネスマンから学生まで、幅広い層の人に愛される手帳として人気があります。

そんなシステム手帳のサイズには、A5サイズ、バイブル(文庫本サイズ)やポケットサイズなどの展開があることで知られていますが、中でも最も人気と言われているのは「A5サイズ」。選ばれる理由は、単に「持ち運びや書き込むのにちょうどいい」サイズだから、ということだけではないようです。

そんなA5のシステム手帳にはどのような魅力があるのでしょうか?いくつかのポイントをまとめてみました。

A4の資料を2つ折りで収納できる。

まず、ビジネスマンや学生などの普段から書類を扱う方にとっては、A4サイズの資料を半分に折って手帳にしまう。という使い方をすることも多いです。そのため、ぴったりと折るときっちりおさまるA5サイズのシステム手帳に人気があります。

A5ならではの便利なリフィルも。

A5サイズのシステム手帳の魅力は、便利なリフィルの数々。システム手帳の中でも、A5サイズはメジャーなサイズなので、それに合わせたリフィルが数多く販売されています。また、A5サイズであれば、市販の紙でも一般的なサイズであることから、自分で紙に印刷した「自作リフィル」を使ってみることも難しくありません。

A5サイズは、他のサイズよりもカスタマイズ性に優れたものといえるでしょう。

唯一の弱点は「微妙な」重さ。

大きさも適度なためハンドバッグやビジネスバッグにちょうどよいサイズですが、一方でその重さが微妙になってしまうので、その使い勝手は考えどころだそう。

特に、多くの資料を手帳に収納したいという方や、リフィルに多くの貼り物などをする方はそれをよく感じるそうです。具体的には、ずっと手に持ってメモをしていると少しずつ手や腕にずっしりと来る重さ。なので、少々使い勝手が悪くなってしまうことも。

出先や外で頻繁にメモを取りたい方や腕の力に心配のある方などは、A5よりも小さなサイズの手帳を使ったほうがよいかもしれません。

A5のシステム手帳ならではの便利な使い方も。

iPad mini をシステム手帳にドッキング。

A5サイズは、iPad mini など7インチサイズのタブレット端末と同じサイズ。そのため、システム手帳のケースにタブレット端末を収納することができるような商品も発売されています。

A5サイズのシステム手帳はタブレット端末とともに持つと、軽くはなくなってしまうので、手軽な使い回しは難しくなります。しかし、普段から机において手帳を使う方など、重さを気にしない方にとっては、手帳とタブレット端末の組み合わせでさまざまな使い方の可能性が見えてくるもの。

手帳の重さを気にせず、タブレット端末も普段から使う、という方にはぜひおすすめしたい使い方ですね。

41o%2bhg5qusl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

がっつりと予定を管理することも簡単。

A5サイズのシステム手帳の便利な点は、もちろん使いやすいサイズ感です。そのサイズ感は、多くの内容をメモできるだけでなく、見返すことも億劫にならない使い回しが出来ます。

そこで、このようにビジネスなどの予定を詰め込んだリフィルを使ってみるのはいかがでしょうか。1日のスケジュールをタイムラインで管理。そして、やらなければいけないことを忘れずにリストに書き上げることができます。

販売されているリフィルだけでなく、お勤めの会社に合わせた独自のフォーマットや、自分好みのフォーマットに合わせたリフィルを印刷して使ってみても便利ですね。

システム手帳はA5で便利に。

A5のシステム手帳は、A4の半分という「ちょうどいいサイズ」であることから多くの人に選ばれています。その特徴は、汎用性の高いさまざまなリフィルが販売されていることや、そしてA4サイズの資料を半分に折って収納しやすいということ。

また、A5サイズはリフィルだけでなく手帳のカバー・ケースの種類もさまざまなので、自分だけの1冊をつくってみるのもシステム手帳の楽しみの1つだと思います。

「はじめてのシステム手帳では、どのサイズを選んだら良いの?」と疑問を持ったら、迷わずおすすめしたいA5サイズ。ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?


文房具の新着まとめ