永遠の憧れ、IWC「ポートフィノ」シリーズの魅力を紹介します。

永遠の憧れ、IWC「ポートフィノ」シリーズの魅力を紹介します。

IWCの「ポートフィノ」シリーズと聞いて、思い浮かべるのはどのようなイメージでしょうか。無駄のない洗練されたシンプルなデザインは銘品を数々生み出すIWCの起死回生の一手として生まれました。その歴史や魅力についてまとめます。
書き手:慎吾

IWCって何?

IWCという名前を聞いたことはありますか?時計に興味があって調べたりしたことのある方はご存知かもしれませんが、ほとんどの方は聞いたことがない名前なのではないかと思います。

IWCはスイスの時計メーカーです。正式名称はIWCシャフハウゼンといい、IWCはInternational Watch Companyの略です。

歴史のある老舗メーカー

IWCの歴史は1868年にアメリカ人のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが時計職人のヨハン・ハインリッヒ・モーザーと協力してアメリカ市場に向けた懐中時計を作るために、スイスのシャフハウゼンで創業したことが始まりとされています。創業当初からスイスの伝統的技術とアメリカの機械自動化の製造技術を一体化する独自のスタイルで効率的で完成度の高い時計作りを目指していました。
その後本格的に腕時計製作事業にも乗り出し、今では時計愛好家から絶大な支持を受ける大企業にまで成長しました。

高い品質

スイスの時計は有名ですが、実はスイスには時計に関してとても厳しい審査を課しています。これはスイスクロノメーター検定と呼ばれ、15昼夜に及び日差が既定の範囲内に収まっているかをチェックするというものなのですが、IWCとジャガールクルト(こちらもスイスの時計メーカー)はこのスイスクロノメーター検定より厳しいチェックを自らに課しているといわれています。このため、どちらも高い品質の時計のみが世に出るようになっているのです。

質実剛健で職人気質なイメージ

前述したIWCやジャガールクルトが自らに課す厳しいチェックですが、ジャガールクルトがそれを「マスターコントロール」と大々的に広告しているのに対し、IWCは決定的な証拠も出さずに、声を大にして喧伝したりしている様子はありません。
このようなエピソードにIWCの社風が垣間見えると思います。実用性を最大の目的として自社の技術を誇示することはしないというスタンスは、日本人である我々が強いシンパシーを感じることができると同時にIWCの職人気質な面を知ることができます。

ラインアップ

現在は「ポートフィノ」「インジュニア」「ポルトギーゼ」「アクアタイマー」「パイロットウォッチ」「ダ・ヴィンチ」の6つのラインアップから構成されています。
IWCでは活性化のために毎年一つのラインを一新する手法がとられています。ちなみに2016年には「パイロットウォッチ」のラインが刷新されました。

ポートフィノの魅力

今回のまとめでは6つのラインのうち「ポートフィノ」について紹介していきたいと思います。

「ポートフィノ」シリーズの名の由来になったイタリアのジェノバに近いティグッリオ湾に面した港町ポートフィノ(ポルトフィーノ)はかつては小さな漁村でしたが、今では世界中から観光客が押し寄せるイタリア屈指のリゾート地へと変貌を遂げました。
「ポートフィノ」シリーズはそんな変化のあった1950年代のポートフィノをモデルとしていて、クラシカルな優雅さが特徴のコレクションとなっています。

冬の時代の苦心の一手

そんな優雅なイメージと裏腹に、IWCとしては起死回生を図る渾身の一作と位置付けることができます。
1970年代には安価な日本製クオーツ式時計が市場を席巻し時計の価格が大幅に下落。IWCもそれに迎合するように自社で内製することをあきらめ、汎用機械を搭載せざるを得ませんでした。このとき大きくブランドのイメージは傷つけられ、一時人気は低迷しました。
しかし、1980年代も半ばに差し掛かると機械式時計の人気が再燃し、再び世界的な高まりを見せるようになるのですがその火付け役ともいえる役割を果たしたのがこの「ポートフィノ」シリーズでした。このシリーズは高級機械式時計を復活させるための渾身の一手であったといえます。

その後1990年代に無駄のない洗練されたシンプルウォッチとして人気を博し、その後長くIWCの看板シリーズとしてブランドを支えています。

マニアに高い人気を誇る「筆記体ロゴ」アンティーク

昔のIWCの時計のことを「オールドインター」といいますが、この古い時計にはIWCの下に筆記体が刻まれたロゴをつけ入ることが多いです。今では入らないロゴとあってアンティーク市場では高い人気がある逸品です。

ポートフィノを身に着けて自分に自信と威厳を

いかがでしたでしょうか。駆け足になりましたが人気の高いポートフィノシリーズについてみてきました。
しかし、世界的な人気のある老舗メーカーのラインアップとあってまだまだ奥の深いコレクションです。ぜひ自分の目で見てその技術の高さやクラフトマンシップを感じてみてください。


時計の新着まとめ