【保存版】「なんとなく」で選ばない、コーヒーの種類。用語の意味も合わせて解説します。

【保存版】「なんとなく」で選ばない、コーヒーの種類。用語の意味も合わせて解説します。

「エスプレッソ」「カフェラテ」「カフェオレ」「カプチーノ」といったコーヒーの種類。カフェで頼むので聞いたことは多いはず。しかし、意外とその意味を知られていないもの。「レギュラーコーヒー」や「ブレンドコーヒー」といった言葉も馴染み深いのに、なんとなくしか分からないという人も多いですよね。そこでこの記事では、今更聞けないコーヒーの種類についておさらいしていきます。
書き手:慎吾

いろいろあるコーヒーの飲み方の種類。その違いは?

ドトールやスターバックスといったチェーンのコーヒーショップ。また、その他のお店でも絶対に選ぶ「コーヒーの飲み方」。たくさんあるなかで、「なんとなく」選ぶという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ちゃんとそのコーヒーの種類やその言葉の意味を知っていた方が美味しく飲めるはず。近年のコーヒーブームでは、ドリップコーヒーが好まれていますが、それ以外の飲み方やこだわりの楽しみ方をぜひとも知っておきたいものですよね。

好みや気分に合わせてコーヒーを楽しむために、知っているよ!という方も改めておさらいしたい。「コーヒーの種類」を解説していきます。

エスプレッソは、苦いだけじゃない。短時間で入れた「濃縮」されたコーヒー。

苦いという印象でおなじみのエスプレッソ。

普段のドリップと違う点は、短時間で抽出するためコーヒーの雑味を出さずその旨味だけを取り出しているという淹れ方であること。そのため、同じ量のお湯に溶け出す成分の量が多くなるので、濃厚で奥行きのある苦味に仕上がります。

エスプレッソは苦いので、眠い朝に飲む。という方も多くいると思いますが、それは楽しみ方を損しているかもしれません。先程の通り、エスプレッソは旨味が「濃縮」されたコーヒーなので、砂糖やミルクを加えて豊かな味わいを引き出すのもその楽しみの1つなのです。

安いからといって頼んだエスプレッソが少量で出てきたので困った、という苦い経験(コーヒーだけに!)がある方も多いのではないでしょうか。

カフェラテは、エスプレッソ×ミルクの絶妙な組み合わせ

カフェラテはイタリア語が元になった言葉で、「ラテ」はイタリア語のLatteよりミルク(牛乳)の意味を指します。日本では「コーヒー牛乳」と言った意味なのですが、同じような「カフェオレ」とも違います。では、「カフェラテ」とはどのような意味なのでしょうか。

実はその違いは牛乳をいれるコーヒーにありました。カフェオレのコーヒーは普通のコーヒーなのに対し、この「カフェラテ」のコーヒーは先程の「エスプレッソ」を用いたものなのです。

エスプレッソは濃厚な旨味のあるコーヒーなので、コーヒー対ミルクを2対8ほどの割合で割って飲むのが基本の飲み方になります。奥行あるコーヒーの旨味をミルクの柔らかさで包み込んだ、絶妙な飲み方が「カフェラテ」といえるのです。

カフェオレは、普通のコーヒー×ミルクのマイルドで飲みやすいもの。

カフェオレ。こちらの語源はフランス語にあります。カフェオレの「レ」はフランス語で牛乳を指す言葉。そのため、和訳すると「カフェラテ」と同じ「コーヒー牛乳」という意味になってしまいますね。しかし、「カフェラテ」との違いは、先の項目で説明したとおり「普通のコーヒー」を元にしているところ。具体的には、どのような違いがあるのでしょうか?

それは、コーヒー対ミルクを1対1ほどの等しい割合で入れるのが基本であるということ。通常のコーヒーをマイルドにした飲み方が「カフェオレ」といえるのです。

カプチーノは、スチームミルクで泡立てたカフェラテ

カプチーノは、泡立っているカフェラテというと分かりやすいかもしれません。カフェラテと同じく、エスプレッソとミルクを2対8で合わせたものをベースにしています。では、その違い、泡はどこからくるのでしょうか?

カフェラテとの違い。それはミルクの「種類」にあります。カフェラテのミルクは一般的に全てフォームミルク(泡立たない温かいミルク)であるのに対し、カプチーノのミルクは、フォームミルクとスチームミルク(蒸気で泡立てたミルク)のミックスであるということ。この違いによって泡立つのですね。

その特徴から、写真のようにデザインカプチーノと言われるアートを描きやすいという利点も。ぜひアートを描いてくれるお店があれば、頼んでみたいですね。

「レギュラーコーヒー」や「ブレンドコーヒー」とは?言葉の意味。

コーヒーの飲み方にはさまざまである一方で、カフェで頼む時によく使う「ブレンド」という言葉。そして、「レギュラーコーヒー」という言葉は、インスタントコーヒーなどで聞いたこともある人がいるかもしれません。こちらの言葉も、実はコーヒーを知るのには大事な言葉といっても過言ではありません。

以下で詳しく説明していきます。

レギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーという言葉は、あまりカフェなどでは聞くことが少ないかもしれません。どちらかと言えば、自分でコーヒーを楽しむ時に知りたい言葉の一つです。

その意味は、「コーヒーを焙煎して挽いた状態の粉」のこと。

コーヒー豆の売り場やインスタントコーヒーで馴染みのある方もいるこの「レギュラーコーヒー」は、ドリップコーヒーとしてならドリッパーを使ってコーヒーを抽出して飲むのが基本の飲み方。酸化してしまうと味が落ちるので、冷蔵庫などで保存するのがおすすめとされています。

ブレンドコーヒー

ブレンドコーヒー。これはカフェでも普通のコーヒーを頼む時に、「ブレンドで」と注文する人も多いのでむしろ口にすることに馴染みのある言葉なのではないでしょうか。では、そのブレンドコーヒー。一体何が「ブレンド」されているのでしょうか?

「ブレンド」されているのは、コーヒー豆の種類。

キリマンジャロやブルーマウンテン、グアテマラなどさまざまな産地で取れたコーヒー豆のそれぞれの特徴を独自に「ブレンド」して淹れるコーヒーです。それなので、豆としてお店で売られている「ブレンド」はそのお店がセレクトして選んで混ぜているもの。コーヒーとしての「ブレンド」はそういった選んだ豆を使って淹れたコーヒーのことを指します。

カフェによっては、「ブレンド」が一種類ではなく「ビターブレンド」などテイストの種類を選ぶことができるところも増えてきました。豆の産地などを学んで、自分好みのコーヒーのブレンドを探してみるのもコーヒーの楽しみです。

覚えておくと便利!コーヒーの種類と言葉。

ここまで、さまざまなコーヒーの飲み方とその用語などを解説してきました。知らない飲み方や言葉はあったでしょうか?もし、読んでくださった方が今までよりも深くコーヒーについて考えたり、楽しむことが増えたりしたら大変嬉しいです。

その日の気分や好みに合わせて選ぶコーヒー。なんとなくで選んでいたコーヒーの種類とは違った味わいの深さがあるかもしれませんね。カフェにきたら、ぜひ一緒にきた他の人にもこの知識を教えてあげるとためになること間違いなしです。

カフェでコーヒーを選ぶときには、ぜひこの記事を思い出してくださいね!


コーヒーの新着まとめ