ウブロの歴史、特徴、コレクション、そのすべてをまとめます。

ウブロの歴史、特徴、コレクション、そのすべてをまとめます。

Hublot(ウブロ)の名を聞いたことのある人多いのではないでしょうか。高級時計界の中で独特の存在感を放つウブロ、そのイメージから玄人向けとの印象を受けて足踏みしてしまっている人に送るウブロのすべて。歴史からコレクションまでを紹介していきます。
書き手:grangst

ウブロとは?

スイス・ニヨンに本社を置く高級時計メーカーです。
会社名のHUBLOT(ウブロ)はフランス語で「船窓」を表し、その名の通り船窓のようにビスでとめたベゼルが特徴的なブランドになっています。創業当初から高級素材であるゴールドのボディにラバー素材を組み合わせた斬新なスタイルが支持され、2005年の「ビッグバン」シリーズの発表から人気に火が付きました。
今では多くのビジネスリーダーや各界のセレブリティに愛される世界的なメーカーに成長しました。

歴史

ウブロの歴史は1979年スイス・ニヨンでイタリア人のカルロ・クロッコによって設立されたところから始まります。翌1980年には前述した金とラバーを組み合わせた時計を発表、スイスの時計業界からは異端児扱いをされますがイタリアのファッション界やヨーロッパの王族に受け入れられていくのをきっかけにスタンダードに駆け上がっていきました。

そんなウブロの転機となったのが2004年のジャン=クロード・ビバーCEO就任です。この人は世界最古の時計メーカーといわれていましたが1970年代に一時休眠状態にあったブランパンというスイスのブランドをオメガの専務として復活させた実績を持つ方で、この経営者のもと生み出されたのがウブロの代名詞的コレクションである「ビッグバン」シリーズです。

評価

もともとメインストリームの時計を作るメーカーではないため、ターゲットは一部のマニアに限られます。
とにかく斬新なデザインで勝負するメーカーなので好き嫌いは分かれる傾向にありますが、世界中で愛用者が増えているのは事実でありスポーツ選手や著名人の間にはウブロを持つことがステータスであると考える層がたくさん存在していることも事実です。これはウブロを身に着けることが価値のあることだという評価が世界中に浸透していることの裏付けであり、ファッション界からも一目置かれていることが伺えます。

コレクションラインアップ

ビッグバンの成功から、伝統的な素材と近代的な新素材を組み合わせたフュージョンといわれるコンセプトに則ったラインアップが多く作られました。今回はその中から「ビッグバン」シリーズ、「クラシックフュージョン」シリーズ、「キングパワー」シリーズについて紹介します。

ビッグバン

ウブロ復活はこのシリーズなくしては成功しませんでした。
「ビッグバン」シリーズはウブロ全体の思想である「伝統と未来の融合」というコンセプトを初めて体現したコレクションです。

マットな素材感など他の高級時計などとは一味も二味も違う独特の存在感を放つウブロビッグバンシリーズは、多くのデザイン的な特徴を持ちます。例えば多くの時計で見られるベゼル上のメーターを排除している点や、他の時計では見ることができない日付のダイヤルが回る部分をあえてデザインとして活用したりと斬新なデザインを数多く発表しています。

クラシックフュージョン

その名の通り、ウブロのコレクションの中で最も繊細でエレガントなコレクションになっています。
1980年代のウブロのごく初期のコレクションから着想を得ていて、その完成度の高さから人気のコレクションとして愛好家から大きな支持を得るに至りました。現代的に洗練されたデザインを持ちつつ、ウブロらしさの象徴でもある見えるようにビス止めされたベゼルやラバーストラップなど随所に盛り込まれた伝統の技術は、このコレクションの持つアバンギャルドでありながら生来のクラシカルさを合わせ持つタイムピースになっています。

キングパワー

「キングパワー」シリーズはウブロのコレクションの中でも新しいシリーズです。
「ビッグバン」シリーズの哲学を受け継ぎ、伝統の技術を現代的なセンスでまとめ上げるコンセプトは変わりませんが、ウブロの自社マニュファクチュールが4年の歳月をかけて開発した330個の部品からなる大作です。また機能を追加できる構造になっているため、フライバッククロノグラフ、GMT、またはバイレトログラードクロノグラフなど他のモジュールを付け足すことができます。

また、さらに画期的なトピックとしてカーボンファイバーを使用していることが挙げられます。
アルミニウムの半分の重量で3倍の強度を誇るとされ、主に合金などに多く使われているカーボンファイバーですが、これまでジュエリーに応用されてきたことはあまりありませんでした。ウブロはカーボンファイバーのジュエリーセッティングなどの特許を持ち最先端の素材への探求も怠っていないのです。

ウブロの時計で生活に彩を

いかがでしたでしょうか。

独特の世界観を持つウブロの時計は普段のファッションに取り入れるのはなかなか難易度の高いチャレンジになります。
しかしその分演出できる雰囲気はほかの時計を身に着けていては決して醸し出せないものばかり。
ぜひ自分なりのウブロの演出に挑戦してみてください。


時計の新着まとめ