コーヒー豆って食べるの!?保存の容器や挽き方やミルまで、「コーヒー豆の使い方」を徹底解説。

コーヒー豆って食べるの!?保存の容器や挽き方やミルまで、「コーヒー豆の使い方」を徹底解説。

コーヒー豆は食べれるって知っていましたか?また、保存の容器は?その挽き方は?と、考えてみれば意外と知られていないことが多いコーヒー豆。ここで一度改めて、そのコーヒー豆の美味しい楽しみ方を知ってはみませんか?そこで、この記事ではそんな知られざる「コーヒーの使い方について」さまざまな方面の疑問にお答えしていきます。
書き手:faramy

食べることのできるコーヒー豆。意外と知らない、保存や挽き方の秘密も。

コーヒー豆の食べ方、保存の方法、そして挽き方。それぞれそこまで詳しくは知らないという人も多いはず。「コーヒーを普段から毎日淹れています」という人でもコーヒー豆の食べ方までは知らないのではないでしょうか?

もちろん、コーヒーを淹れたことのない人でも、コーヒー豆の保存方法や挽き方まで知って「美味しく」コーヒー豆を楽しみたいですよね。

そこでこの記事では、「コーヒー豆の美味しい使い方」に焦点を当てて、その食べ方とレシピ、保存方法(保存の容器)、コーヒーミルと挽き方まで。幅広く解説していきます。

コーヒー豆を食べる。その味やレシピは?

苦い!という印象のあるコーヒー豆ですが、実は食べれるんです。それって健康に大丈夫?という声もありそうですが、カフェインのとりすぎに注意して食べれば問題ないほどだそう。

コーヒー豆の主な成分は、コーヒーの旨味成分となる「油」や「タンパク質」そして「食物繊維」です。そのため、食べて問題がある成分は特別含まれているわけではありません。そのため、鮮度の良い豆であればそのまま食べても美味しくいただけるそう。

また料理方法の詳細はクックパッドでも紹介されていますが、その主なものは「お菓子」です。コーヒー豆の苦味や旨味を活かした「チョコレート」や、チョコチップクッキーのように「クッキー」に入れて楽しむのもおすすめの食べ方だそう。

コーヒーを入れてちょっと大人の味のお菓子に。ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

コーヒー豆のレシピ (cookpad)

コーヒー豆の保存ってどんな容器がいいの?

コーヒー豆を買ったことのある人なら1度は困ったことがある「保存法」。もちろん、コーヒー豆の劣化を防ぐためには、そのまま放置してはいけません。

コーヒー豆の劣化の原因、それは主に湿気からくる「水分」と空気に触れることによって行われる「酸化」であるといえます。これら2つを避けるために「冷暗所」で保管することが大事と言われています。

「コーヒー保存専用容器で冷蔵庫に保存」

この記事では、これをおすすめします。コーヒー保存専用容器は、瓶や缶などをはじめおしゃれなものも沢山販売されています。もちろん通常の100円均一のプラスチックなどの容器でも可能ですが、より香りや成分が逃げにくいことと、何よりも見た目も素敵なのでおすすめです。

41igsy1twsl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

コーヒー豆の挽き方は?コーヒーミルとそのおすすめなど。

コーヒーの挽き方には、「粗挽き」「中挽き」「細挽き」といった挽き目の粗さによって使い方が異なります。この3つについてそれぞれの違いについて説明します。

粗挽き:ライトな味を楽しめる方法。ペーパー・ネルドリップ、フレンチプレスにおすすめ。
中挽き:通常の挽き方。どんな淹れ方にもおすすめ。
細挽き:パウダー状のもの。強い味が引き出せるので、エスプレッソにおすすめ。

どれが美味しい、不味いといったものではなく、用途と好みに合わせたそれぞれの挽き方があるのです。そして、それを挽く「コーヒーミル」には電動ミルと手動ミルの2種類があります。

クラシカルな手動ミルの方がおしゃれで見栄えが良いのですが、正直なところ、便利なのは電動のミルだと思います。電動ミルは挽き方を指定できるものまであり、全て自動的に豆を挽いてくれるので、初心者にはまずおすすめです。もちろん、豆を挽く楽しさを純粋に得たい人には、手動ミルも素敵だと思います。

41ohm3babfl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

コーヒー豆も、使い方や扱い方はさまざま。

コーヒー豆は、その食べ方や保存法、挽き方にわたって、しっかりと使い方があります。ここまでご紹介してきた方法に新しい発見はあったでしょうか?さまざまな人が、コーヒーをそれぞれの好みに合わせて美味しく楽しめるような助けになれたなら嬉しいです。

また、ここまでにあげたのは、あくまでも「美味しい使い方」の1例です。なので、行きつけのコーヒーショップでおすすめの使い方について聞いたり、自分ならではの美味しいコーヒー豆の食べ方などを見つけてみるのもコーヒー豆を楽しむ方法のひとつだと思います。

コーヒーを美味しく楽しんで、素敵なコーヒーライフを!


コーヒーの新着まとめ