カフェオレだけじゃなくて・・・もっといろいろなコーヒーの飲み方をしてみませんか?

カフェオレだけじゃなくて・・・もっといろいろなコーヒーの飲み方をしてみませんか?

コーヒーの飲み方、普段は何気なくミルクを入れるだけなんて人もいらっしゃるのではないでしょうか?コーヒーはいろいろな飲み方で美味しく飲めるのも楽しみ方のひとつです。ラテ、モカ、マキアート、いつもとは違った飲み方で、オフィスや休日でのコーヒーを楽しんでみて下さい。
書き手:kikucchi

コーヒーの飲み方、カフェオレの他にも・・・

お部屋で、オフィスで、お店で、一杯のコーヒーを飲むにしてもブラックで飲んだり、ミルクを入れて飲んだり、ホットだったりアイスだったり・・・と気分や眠さなどで飲み方を変えることはあると思います。
色々な飲み方の違いを知っておけば、どんな飲み方にするか選ぶ楽しみが増えますし、自分にピッタリの飲み方を探すのも良い気分転換になるかもしれません。コーヒータイムの楽しさをもっと増やす色々な飲み方を見ていきましょう。

ブラックコーヒー

まずはそのままのブラックコーヒー。コーヒーは本来ミルクなどで薄めて飲む飲み方が主流だったため、ブラックという飲み方はある意味スタイルを外した飲み方であるとも言えます。
最大の特徴は豆の味、香りをダイレクトに楽しめること。あとは砂糖を入れないので糖分を抑えたくて飲んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。ブラックはもちろんかなり苦いので、一気に飲むというよりはじっくりと読書をしながら、友人としゃべりながら飲むというスタイルに合っているのではないでしょうか。

ブラックをよく飲まれる方であればちゃんとブラックで飲んだときに美味しいコーヒーを飲みたいですよね。酸味や苦味、コクなどいろいろな点から見て自分に合うものを選んでみて下さい。

51dah2qkkml
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こういったタイプのものであれば色々な味を楽しむことが出来るので自分の好みやもっとこだわりたいポイントが見つかってくると思います。あとは一番ブラックが美味しいコーヒーを見つけに喫茶店を回ってみるのもオススメです。

カフェオレ

カフェオレはブラックのコーヒーに1対1の割合でミルクを入れた飲み方のことを言います。コーヒーの苦味や酸味が薄れる分、かなり飲みやすくなるのでちょっと休憩したいときなどには飲みたくなりますね。カフェオレは基本的に1対1ですが、厳密に割合を意識して作るというよりは自分の好みに合わせて適度な割合で作るという方がほとんどでしょう。なのでマイルドが好みであれば多めに、コーヒーの味も楽しみたいという方であれば少なめにミルクを入れると良いと思います。

ブラックで美味しかったコーヒーがカフェオレにしても美味しいとは必ずしも言えないので、こちらも好みに合わせて選ぶのが良いかもしれません。コーヒーとミルクの割合、カフェオレにして美味しいコーヒー、突き詰めていくと意外と奥が深いのがカフェオレの楽しいところです。

カフェラテ

よくカフェラテとカフェオレの違いが比較されるのを見かけます。カフェオレはレギュラーのコーヒーとミルクを混ぜたもの、カフェラテはエスプレッソとミルクを2:8の割合で混ぜ合わせるものなので、実は両者は全く違う飲み方であることが分かります。
エスプレッソはレギュラーコーヒーに比べればかなり豆の苦味、酸味、コクが強く出るので2:8の割合で混ぜてもカフェオレよりは苦くなります。ミルクも通常のミルクで飲むタイプもありますが、よくラテアートなどで使われるようなカフェラテには蒸気で温めたスチームミルクと空気を含めて泡立てたフォームドミルクが使用されています。

ぐっと抽出したエスプレッソに泡立てたミルクをたっぷり入れて飲む。カフェラテには想像するだけでも飲みたくなるような、そして一度飲んだらやめられなくなってしまうような魅力が詰まっています。カフェオレに比べて作るのは少し難しいですが、ご自宅でも作ることは可能なので、お店で飲んでみてその魅力に気づいたら是非挑戦してみて下さい!

カプチーノ

カプチーノもベースはエスプレッソです。カフェラテに比べても泡立てたミルクのフォームドミルクが多く使われるので、かなり泡の多い見ても楽しい飲み方です。上にチョコレートパウダーをかけて飲むというスタイルが主流で、エスプレッソ、スチームミルク、フォームドミルクが1対1対1の割合になります。ですので2:8のカフェラテに比べると味としては少しエスプレッソが強めになります。
泡が多いので少し飲みにくいですが、それ以外はカフェラテと作り方はほとんど同じ。是非微妙な違いを試してみて下さい。

カフェモカ

カフェモカもカフェラテ、カプチーノと同じくエスプレッソがベースになります。成分としてはエスプレッソ、スチームミルク、そして溶かしたチョコレートまたはチョコレートシロップです。割合はそれぞれ2:7:1で作ります。カフェラテが一番上にフォームドミルクを加えるのに対し、カフェモカはチョコレートを加えます。ですので違いはその点だけですが、チョコレートが入るので味は少し違ってきます。
エスプレッソとは違った苦味と甘みが加わってマイルドで落ち着いた味になります。多くの珈琲店でもメニューにあると思いますので、是非試してみて下さい。

310m3sed3nl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらは「すべてのコーヒーのために」をコンセプトに販売されているチョコレートシロップ、間違いなくカフェモカに合った味わいになってくれます。他にもホットチョコにしたり、ココアに入れたりと、一本持っておくといろいろな楽しみ方が出来ると思います。

少しだけ気分を変えて、今日はどんなコーヒーを飲んでみましょう?

カフェラテやカフェモカなど、これらの飲み方はエスプレッソがベースになります。そこにスチームミルクやフォームドミルクなどを割合を変えながら入れることで、その味や名前を変えて飲まれているのです。お店であれば注文のときに言えば自分の好きな割合に変えてくれるでしょうし、自宅であればもっといろいろなものを入れてみたりと、美味しい飲み方は無数にあります。
自分にぴったりの飲み方を見つけて、少しだけ贅沢なコーヒータイムを過ごしましょう。


コーヒーの新着まとめ