自宅でお店のアイスコーヒーを再現!おすすめのアイスコーヒーメーカーをご紹介!

自宅でお店のアイスコーヒーを再現!おすすめのアイスコーヒーメーカーをご紹介!

すっきりとした苦みと透き通った香り、そんなアイスコーヒーを夏だけではなく一年中飲むという方に向けて、自宅のアイスコーヒーを変えるようなアイスコーヒーメーカーを方法ごとに紹介します。
書き手:ろくした

アイスコーヒーが飲みたいときどうしていますか?

暑くなってくる夏はもちろん、寒くなってきてからもアイスコーヒーが飲みたくなる時ってありますよね?
透き通った味の感触とのどを通る冷たい苦みは他のものでは味わえない感覚です。

でも自分でアイスコーヒーを作るという選択をする方は少ないのではないんでしょうか。アイスコーヒーは市販のものが多く販売されていますし、自分で作ろうというモチベーションがなかなかわかないかもしれません。

アツアツのコーヒーからアイスコーヒーを作る

普通にアイスコーヒーを作ろうと思ったとき皆さんはどうしているでしょうか。
多くの方が今ご家庭にあるドリップコーヒーの中に氷を入れるなどして冷やす方法を選ぶと思います。しかし、そうしてしまうとコーヒーがかなり薄くなっていしまいます。そのためこの方法はあまりお勧めできません。

また、水出しコーヒーと呼ばれるお湯ではなく冷水(常温水)を使った抽出法があることはご存知でしょうか。この方法ならあらかじめ冷やしておいた水を用いて抽出することで、先ほどのコーヒーが薄くなってしまう問題は解決できそうです。ただ、やはり水で抽出することは温水でやるのより時間がかかりますし、ある程度慣れてこなければおいしく作れないというデメリットはあります。

そこでこの記事ではアイスコーヒーの一番の利点である手軽さを失わず、家庭で簡単にアイスコーヒーを楽しむためのアイテムをご紹介します。

おすすめのアイスコーヒーメーカー

実は今までに述べてきた問題を解決してくれるマシンが各社から発売されています。
アイスコーヒーを作る際の問題に対する解決策として各社は三つの方向性を打ち出しています。
一つ目が、長い時間をかけざるを得ないようなドリップマシンでアイスコーヒーを作ってもらうという策で、二つ目があつあつのコーヒーの風味が逃げないように急速に冷却してあげるマシンを提供するという策、三つめは薄くなることを考慮してコーヒーの濃度を調節してくれるドリッパーを作るという策です。それぞれに関して実際の商品を紹介しながら見ていきたいと思います。

時間をかけさせるドリッパー➀/ハリオのウォータードリッパー

31ukttsgyll
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらが時間をかけさせるドリッパーの一種として、ドリッパーで有名なハリオが製造しているものになります。通常このような商品を「コールドブリュワー」と呼んで普通のドリッパーと区別しています。

このドリッパーでは上部のストレーナーにコーヒーの粉をセットしておき、上ボールに水を注いでいくとしたのサーバーへとゆっくり抽出が進んでいくという流れが取られています。抽出にかかる時間は約1時間~約2時間と説明されていて、いつも熱湯を用いている方からすると途方もなく長い時間に思えると思いますが、コールドブリュワーの中では短い部類です。

時間をかけさせるドリッパー②/イワキのウォータードリップコーヒーサーバー

3177ha7kobl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

基本的なコンセプトは先ほどのハリオの商品と同じです。よりシンプルなデザインで人気が高く、特にサーバーはビーカーのような形でインテリアとしてもデザイン性が高いです。

ハリオのコールドブリュワーとの違いはハリオはストレーナーのコーヒーの粉の上にペーパーフィルターを置いて抽出をするのに対し、イワキのコールドブリュワーは上部の水を入れておく部分に水を入れると水が一滴一滴出るようになっているためペーパーフィルターが必要ありません。二つの微々たる差ですがコーヒーの味に最も関わってくる抽出においての操作の違いなので、味における変化を見るのも一つの楽しみ方です。値段もリーズナブルでご家庭に取り入れやすい商品といえそうです。

時間をかけさせるドリッパー➂/コールドブリューボトル

G016
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへitem.rakuten.co.jp

こちらは日本上陸で話題となったブルーボトルコーヒーから発売されているコールドブリューボトルです。
こちらは今までの二つのドリッパーと大きく異なり、コーヒーの粉を水と一緒にボトルに入れておき冷蔵庫で8時間ほど待つとアイスコーヒーが出来上がっているという仕組みになっています。

この仕組みを採用しているコールドブリューボトルは他社からもたくさん出ていますが、ブルーボトルをお勧めする理由としてこのボトル本体のデザインが飛びぬけて洗練されていると感じるからです。ダークブラウンのボトルにブルーボトルのロゴが入っていてかわいらしいデザインです。

急速冷却タイプ

51hebtj%2bdsl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ご覧の通りホットコーヒーを一瞬で冷やしてアイスコーヒーにしてしまおうというなかなか雑な感じのするアイデアを形にしてしまったというような商品です。
このタイプがほかの方法に比べて優れていることはアイスコーヒー以外にもいろいろな応用が考えられるという点にあります。
一家に一台というレベルでおすすめの商品になります。

アイス用のコーヒーメーカー

418dtewpypl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

最後はサーモスによるアイス用のコーヒーメーカーを紹介します。

何といっても手軽さが売りで、コーヒーの粉をセットしてサーバーに氷を入れておけばボタンワンプッシュでアイスコーヒーができてしまいます。
これを一度体験してしまうと他がめんどくさくなってしまうかもしれない要注意の商品です。

おいしいアイスコーヒーをご家庭でも

いかがでしたでしょうか。アイスコーヒーは市販のもので十分と思っていた方も一度紹介したようなマシンを試してみてください。コーヒー本来の風味や香りが残ったアイスコーヒーがどんなものなのかを感じることができます。


コーヒーの新着まとめ