おいしいとウワサの「ミル付きコーヒーメーカー」ってなに?

おいしいとウワサの「ミル付きコーヒーメーカー」ってなに?

「ミル付きのコーヒーメーカー」、ウワサには聞いたことあるけどなんなのかわからない。という方のための記事です。コーヒーメーカーの種類を整理したあと、ミルの正体、オススメのミル付きコーヒーメーカー、の順に紹介していきます。
書き手:aya

コーヒーメーカーの種類

ミル付きコーヒーメーカーを知るために、まずは世の中にどんな種類のコーヒーメーカーがあるのか簡単に知っておきましょう。

コーヒーメーカーにはまず、エスプレッソ専用のものと、一般的にただ「コーヒーメーカー」と呼称されコーヒー全般を扱うものの二種類があります。
エスプレッソとは高圧で少量抽出するコーヒーのことで、普通のコーヒー(ドリップコーヒー)とは異なった違う特殊な工程が必要ですので、エスプレッソマシンは基本的に「エスプレッソだけしか」作ることができません。
対して一般的に「コーヒーメーカー」と呼ばれているそれ以外のマシンは基本的にドリップコーヒーを作ることができ、仕様によってはエスプレッソを扱うものもあります。

ミル付きとして分類されるものは基本的に後者のコーヒーメーカーだと考えていただいて差し支えありません。

ミル付きコーヒーメーカー

それでは、「ミル付きコーヒーメーカー」について見ていきましょう。

ミルって?

「ミル」とは、焙煎されたコーヒー豆を砕く(この作業を「コーヒー豆を挽く」 といいますね)ための器具のことです。
業務用の大きなものは「グラインダー」と呼ばれますが、できることは基本的に同じです。

わざわざミルを使う意味は?

スーパーに行けば安価でおいしいインスタントコーヒーがたくさん並んでいます。
わざわざコーヒー豆を買ってきて、家のキッチンで挽く理由はあるのでしょうか。

インスタントコーヒーはコーヒー豆をコーヒーの成分を凝縮した顆粒状にしてあります。お湯にコーヒー豆の中の「コーヒーとして飲む成分」だけがサッと溶けるようにしてあるのです。その成分のなかには重要な香りや苦味、コクももちろん入っています。つまり、コーヒーの魅力が空気にさらされていて、かつ顆粒状という形状だから表面積がとても広い。保存時間がすこし長いだけで、香りや風味の成分が飛んでいってしまうのです。

必要なぶんだけ都度コーヒー豆を挽いてあげると、コーヒーの香り、風味をそのまま楽しむことができるというわけです。

マシンを検討するときは「ミル付き」でかつ「全自動」のものをオススメします。
手動で挽くのももちろんいいですが、時間も力もかなりかかってしまいます。
全自動タイプで十分おいしいコーヒーを淹れられます。

ちなみに、先述のエスプレッソマシンに「ミル付き」のものは滅多にありません。少なくとも家庭用のものではほとんどないです。

考えられる理由としては、エスプレッソに使うコーヒー豆は極細挽きといってかなり細かく砕いた豆を使わないといけないからでしょう。細かく挽かれた豆をマシンにセットして淹れるのが一般的です。
先ほど、ミル付きと分類されているものは基本的にドリップコーヒーのコーヒーメーカーと考えていていい、と言ったのはそういう理由です。

siroca/シロカ

「ていねいに うつくしく こだわって」を経営理念とする siroca/シロカという会社は、比較的安価でありながらシンプルで可愛らしいデザインのマシンを多数送り出している日本のメーカーです。

大きくはないメーカーですが、そのデザインと機能性への評価は高く、大手のガジェットメーカーに負けないパワーを感じます。

シロカ 全自動コーヒーメーカー STC-501

4132utcfk9l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp
41mzgph6mol
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

シロカといえばこれ。ミル付きコーヒーメーカーのランキングでいつも上位をランクインしています。
可愛らしいフォルムが特徴的なこのモデル。
丸みを帯び、愛らしいながらもステンレスの躯体が高級感と堅牢な印象を与えます。
全自動モデルのためコーヒー豆と水をセットすればオーケーです。
お値段も手頃で、初めて買うにはぴったりの一台ではないでしょうか。

ただ、写真で見た感じよりも多少面積を取ってしまいますのであらかじめご注意を。

象印

有名日本メーカーの象印。
一家に一台象印のポッドがあるなんていうイメージもあながち間違いではないのではないでしょうか。
昔から日本人に愛され続けているという実績は製品を購入する我々にとって大きな安心感になりますよね。
そんな象印、実は優秀なコーヒーメーカーも作っています。

41vuwiqvy6l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

特設ページが用意されているなど、かなり力の入れられているこのモデル。「珈琲通®︎」という自社ブランドとして発表されています。
見た目の通りしっかりとした造りで、安定性は抜群。
大手メーカーの安心感で選ぶならこの1台でしょう。

香りを楽しみたい方に

インスタントコーヒーにはないしっかりとした香りを毎回楽しむことができるミル付きのコーヒーメーカー。
少々メンテナンスは面倒かもしれませんが、それも惜しくない投資だと思いますよ。


コーヒーの新着まとめ