自分で淹れてみたい。ドリップコーヒーの基本的な淹れ方をご紹介。

自分で淹れてみたい。ドリップコーヒーの基本的な淹れ方をご紹介。

コーヒーが好きな人も普段はインスタントコーヒーや缶コーヒーで済ませしまうのではないでしょうか?今回は自分で淹れる「ドリップコーヒー」についてレクチャーします。
書き手:ネコ吉

ドリップコーヒー

ドリップコーヒーとは、コーヒー豆の成分を重力に従って落ちていくお湯に成分を抽出するタイプのコーヒーのことで、対置されるコーヒーにエスプレッソがあります。「コーヒー」と言われてパッと思いつくものだと考えて間違いありません。「レギュラーコーヒー」と呼ばれることも多いです。
エスプレッソと比べて量とカフェインが多いのが大きな違いです。
フィルターを通して雫状で落ちてくる様はまさに「ドリップ」ですね。

ドリップコーヒーと比べて、量が少なく(半分近い)カフェインの割合も低い。
苦味も香りも濃い。

自分で淹れよう。

いつもはインスタントで済ましてしまうというあなた。
せっかくなので、おいしい淹れ方を知っておきましょう。
ドリップコーヒーを淹れるのは決して難しいことではありませんが、必ず注意しておきたいポイントが数点あります。
そのポイントだけでコーヒーの味も香りも全く変わってきてしまうので気を付けましょう。
理由も合わせながら説明していきますよ!

用意するもの

「ドリップバッグフィルター」と書かれていることも。
紙製以外に金属製のものもあります。

フィルターを固定するための器具です。

抽出したコーヒーをカップに入れる前にためておく容器です。
カップに直接ドリップしても、もちろん味に支障はないですが倒れてしまう可能性もあります。
複数杯分淹れるのであれば必ず用意しましょう。

ソーサーとはカップの下の皿のようなもの。
お好みのものを用意してください。

一杯分(10~15g)がコーヒー1杯分の目安です。

おいしいコーヒー、淹れましょう。

お湯を沸かします。

コーヒーの最適温度は90~95度と言われています。沸騰したお湯をコーヒー豆にくぐらせるとコーヒーの風味が逃げてしまいます。
一度お湯を沸騰させ、ケトルに移して1〜2分待つとちょうどいいくらいでしょう。
この間に器具は一通り用意しておきましょう。

器具を温めます。

おいしいコーヒーを入れるためには温かさも重要な要素です。
器具にお湯の温度を奪われるのは非常にもったいのないことです。
特に陶器の食器(カップなど)は冷たくなっていることが多いです。
ウォーマーをお持ちの方はそれで、なければお湯を多めに沸かしておいて器具を温めておくと良いでしょう。
これだけでかなりコーヒーの温度は保たれます。

コーヒー豆をセット。

コーヒー豆はドリップコーヒーの場合「中細挽き(グラニュー糖ほどの粗さ)」がベストと言われています。
コーヒー豆はフィルターに入れる際ポイントなのが、豆を水平にすることです。高さにムラが出るとお湯をまんべんなく注ぐのが難しくなってしまいます。

Coffee beans

出典: nufufu.com

できるだけ、豆の高さは水平に。

蒸らし。

ドリップコーヒーは「蒸らし」の時間が非常に大事です。
まんべんなくお湯を行き渡らせるために、高さのある中央からお湯をかけて、豆全体にお湯をかけます。
この時に注意すべきなのは「フィルターに直接お湯がかからないようにする」ことです。お湯がコーヒー豆の層を通らずそのままサーバーに流れ出るとコーヒーが薄くなってしまいます。
蒸らしの工程は、フィルターからポタポタとお湯が出てくるくらいから時間でいうと約30秒ほど。
この時豆が膨らんでぷくぷくと泡が出てきます。実はこれが新鮮な豆かどうかの一つの目安と言われています。新鮮な豆は豆の中にたくさんの空気を含んでいるのです。
コーヒー豆の中の炭酸ガスをしっかり抜いてあげるのがこの蒸らしを行う一つの大きな意義です。お湯で豆の中の空気を抜いてあげることでコーヒー豆同士の間がお湯で満たされるため、コーヒー豆の成分をお湯がより効率的に抽出できるようになるのです。焦らず30秒待ちましょう。

抽出。

「の」の字を描くようにしてお湯を注いでいきます。
3回くらいに分けて注ぎます。
注ぐ時のコツとしては、お湯を途切れさせず一本の線のように注ぐこと、それから中央にできる泡の塊をフィルターにつけないように極力中心付近にお湯を入れることです。この泡は豆の中から浮き上がってきた「アク」で雑味の原因です。豆がないフィルターの部分を伝って入ってしまわないようにしましょう。

「最後の一滴」は最後の敵。

最後に気を抜いてはいけません。
先ほども言いましたが、コーヒー豆には「雑味」成分が含まれています。
ですから、「注いだお湯が全て落ちるまで待つ」なんて言語道断です。泡の部分の雑味までドリップしてしまわないためにある程度まで淹れられたら潔くフィルターをドリッパーから外します。お湯が垂れてしまうので火傷などには十分気をつけましょう。

人生のあらゆるシーンを豊かに。

ドリップコーヒーの初歩をお教えしました。ドリップコーヒーには他にもこだわることのできるポイントはたくさんあります。
コーヒーは生活のあらゆる場面で私たちを癒してくれるものです。そんなコーヒーに、こだわりを持ってみてはいかがでしょうか。


コーヒーの新着まとめ