「防音カーテン」でしっかり音を防いで快適な空間を!他のお部屋の防音対策もマスター。

「防音カーテン」でしっかり音を防いで快適な空間を!他のお部屋の防音対策もマスター。

「防音カーテン」は、毎日の騒音やピアノなどの音を防ぐために便利なもの。しかし、防音をその仕組みから知って、サウンドプルーフ(Sound Proof)な素材から防音カーペットまでさまざまな対策法を講じるのがベストだと思います。そこでこの記事では、そんな防音カーテンを中心に、お部屋の防音対策についてご紹介していきます。
書き手:kikucchi

「防音カーテン」って?そもそもの防音の仕組みからご紹介していきます。

ピアノなど楽器を演奏する方や、線路沿いなどでまわりの音が気になる方におすすめの「防音カーテン」。そもそも効果はあるの?という声やどうやって防音しているの?という疑問も多いはず。また、その防音(減音)効果だけでなく、カーテンに必須の「遮光」や断熱効果も気になるところですよね。

そこで、この記事では防音カーテンを中心にしたお部屋の防音方法とその仕組み。そして、防音カーテンではどのようなものがおすすめなのかをご紹介していきます。

防音カーテン。その効果とおすすめは?

防音カーテンはあまり意識しないと見かけないものかもしれませんが、ニトリなどのインテリアショップで通常販売されています。幅100×丈178cm×2枚で5000円程度と比較的お手頃の価格です。

また、楽天やAmazonといった通販サイトでも安価なものから少し高級なものまで幅広く販売されています。そのデザインも単調なものからお洒落なものまで種類があるので、詳しく調べてみることをおすすめします。

その防音カーテンで備える機能としては、ほぼ「防音」「遮熱」「遮光1級」の3つを揃えていることが多いです。なので、「防音だけのカーテンなら要らない!」という機能性の高いカーテンを求めている人にとっても問題のない商品が多そうです。

41ncf hvqll
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

「防音材」はさまざま。音を防ぐそのメカニズム。

そもそも、住宅での防音対策は「防音カーテン」が例としてありますが、その素材や仕組みはどうなっているのでしょう。

具体的には、その素材に「遮音材」を利用したものと「吸音材」を利用した防音対策があります。「遮音材」は字のごとく音を遮ることを目的としていて、こちらは音が外にもれないようにするための素材。そのため、薄くカッターなどで切り貼りできるものであることが多いです。一方で「吸音材」はこちらも字のごとく音を吸うもの。そのため、音を吸収するやわらかいクッション状の素材であることが多く、厚みのあるものがよく知られています。

では、「防音カーテン」以外の防音対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

防音の対策は、どのようにしたらいいの?その方法について。

まず騒音のパターンについて考えてみましょう。
1.外の騒音がうるさい
2.楽器を演奏していて外に音を漏らしたくない
3.子どもが部屋でバタバタしていまい、下に音が響く
この3パターンではどうなるでしょうか。

まず、1のパターン。こちらは先ほど紹介しました、遮音カーテンがおすすめです。外からの音を中に響かないようにすることで、聞こえなくすることができます。
そして、2のパターン。こちらは、防音壁といったものもおすすめできるでしょう。クッション性のある貼る防音マットを壁や床に貼ることによって、ある程度の音を吸収し、外に音が漏れないようにします。
最後に3のパターン。こちらは床から下に響かないような防音のカーペットがおすすめです。こちらを次でご紹介します。

防音はカーペットでも。床でも音をしっかりシャットアウト。

防音カーペットや、防音ラグ。こちらは、床に置くだけなので簡単に設置することが出来ます。一般的に防音カーペットでなくても防音効果があったりしますが、基本的にはやわらかいクッション性のあるものがおすすめです。

ちなみに防音効果はどれほどあるかということですが、もちろん子どもがドシン!とジャンプしたりしたときの音までは吸収できません。しかし、軽い足音はほぼ聞こえませんし、基本的に子供のうるさめの足音レベルであれば大きく軽減することが出来ます。

下の階へ騒音をもたらしくないという方、また生活音をおさえるためにも防音カーペットや防音ラグは便利なおすすめです。おしゃれなものも多いので、選んで買えるのも防音インテリアの中でも嬉しいポイント。

41hp4pp1mkl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

防音カーテンを導入して、音に邪魔されない静かな毎日を。

ここまで、防音カーテンを中心にお部屋の防音の対策やその仕組み、そして防音カーペットまでご紹介してきました。ご自身のお部屋や生活スタイルに合った防音の対策は見つかったでしょうか?

防音壁などはとても敷居が高いですが、防音カーテンは使っているカーテンを置き換えるだけですし、防音カーペットも同様なので比較的お手頃ですよね。日頃から音を気にする人は、ぜひ一度試してみてもよいものだと思います。

この記事を参考に防音対策を講じて、音に邪魔されない静かな生活を過ごしてみてくださいね!


カーテンの新着まとめ