カーテンもいいけど、おしゃれなブラインドはいかが?ブラインドの魅力と人気のおすすめブラインドまとめ

カーテンもいいけど、おしゃれなブラインドはいかが?ブラインドの魅力と人気のおすすめブラインドまとめ

窓に取り付けるものとして、カーテンにするか・ブラインドにするか…ということで悩まれる方は多いかもしれません。また、あまりブラインドのことをよくわかっていない。本当にお部屋に合うの?と思っている方もいらっしゃることでしょう。本記事では、そうした人のために、ブラインドの魅力と、おすすめのブラインドをご紹介していきます。
書き手:慎吾

ブラインドのススメ!カーテンとは違う魅力とは?

皆さんがお部屋の窓に取り付けられているのはカーテンでしょうか?あるいはブラインドでしょうか?はたまたカーテンかブラインドかどちらが良いか悩んでいる……という方もいらっしゃるかもしれません。わかっているようで実はあまりわかっていないかもしれない、ブラインドとカーテンの違い。まずは、理解を深めるためにそれぞれの特徴を比較してみましょう。

まず、馴染み深いカーテンのメリットとして挙げられるのが、
・耐久性が比較的高い。
・素材や柄、種類などのバリエーションが豊富であること。
・着脱が簡単。
・暑い日には熱を遮ってくれて、寒い日にはお部屋の熱を逃がさない。
ということでしょう。
一方、カーテンは窓枠全体を覆ってしまい、部屋に圧迫感が出るという観点もあります。

一方、ブラインドの方は、以下の魅力があります。
・形状そのものがスタイリッシュで、デザイン性がある。
・カーテンはあまり合わないことが多い和室にも相性は抜群。洋室でも勿論OK。
・カーテンと比較してフラットで軽量感があるので、圧迫感がなくスッキリする。
・カーテンを開けてしまうと外から見えてしまうが、ブラインドは外からの視線を遮りつつ光や風を調節できる。

ややカーテンと比較して価格が高い、遮光性や断熱性に劣るなどの側面はありますが、それを補って余りあるほどの魅力があるのも事実。以下に、おすすめのカーテンをご紹介していきます。

無印の木製ブラインド

ブラインドを始めて導入するという方にオススメなのは、無印良品のウッドブラインド!無印の木製ブラインドは、シンプルながら上質な作りとなっており、お部屋をスッキリと演出します。また、そのシンプルさから、和室でも洋室でも、どんなテイストのお部屋にもマッチすること間違いなしです!オーダーメイドなので、お部屋の窓と合わないという心配もありません。

047

出典: idea.muji.net

無印良品のウッドブラインドは、その素材にもこだわりが表れています。羽根の部分は、軽くて戻りの少ないバスウッドという天然木を使用しており、優しい光沢感もその特徴の一つです。そうした素材に対するこだわりに、無印良品ならではの本質的な価値への探究心が表れていますね。

046

出典: idea.muji.net

カラーバリエーションも幅広く、オフホワイト、ナチュラル、ダークブラウン、ディープブラウン、ビターの5色があり、お部屋とお好みに合わせて考えることができます。
また、ブラインドと言った時にイメージされる一般的なアルミのブラインドだと15~25mm幅のものが多いのですが、無印良品のウッドブラインドの幅は50mmなので、うるさすぎずインテリアを強調してくれて、お部屋の雰囲気を向上させてくれるでしょう。50mm幅だと羽根の枚数も少なくなり、お手入れがしやすいというメリットもあります!

ブラインドの調光性とカーテンの柔らかさを兼ね備えた、ニトリの調光ロールスクリーン。

また、この頃優秀だと話題を呼んでいるのが、ニトリの調光ロールスクリーン。こちらはまるでブラインドとカーテンの中間を行くかのよう。

カーテンとしてありつつ、ブラインドのようにお部屋に取り入れる光の量を調節することができるロールカーテンです。夏のように日差しの強い日は、お部屋が暗くならない程度に遮光しつつ光を取り入れ、冬のように日の短い日は巻き上げてたくさんの光をお部屋に入れるという使い方ができ、非常に便利です!

構造としては、透ける部分と透けない部分とで二重になっており、ほんの少しずらしてレース同士が重なることで透けて見えるという構造になっています。ずらすことで、外の景色を完全に隠して遮光することができます。

ブラインドを取り入れて、お部屋にスッキリとしたおしゃれさを添えよう。

本記事では、ブラインドの魅力をお伝えいたしました。カーテンと比較すると、遮光性や断熱性において引けを取るものの、お部屋の雰囲気がスタイリッシュにスッキリとしたり、調光のしやすさなどのメリットを浮きだたせることができますが、ブラインド自体にも様々なものがあり、それぞれまた違った魅力がありましたね。カーテンにせよブラインドにせよ、はたまたどのブラインドにせよ、今のお部屋の雰囲気や目指したいイメージに合ったものを選ぶことで、お部屋はよりいっそう魅力的なものとなることでしょう。興味のあるブラインドがおありでしたら、ぜひ詳しく見てみてくださいね!


カーテンの新着まとめ