ミル付きの全自動コーヒーメーカーで忙しい朝でも至福の一杯を!おすすめ紹介します!

ミル付きの全自動コーヒーメーカーで忙しい朝でも至福の一杯を!おすすめ紹介します!

本格コーヒーが自宅で簡単に楽しめる全自動コーヒーメーカー!でもどれを選べばいいかわからないっていう方多いですよね。この記事では全自動と手動の比較からおすすめコーヒーメーカーまで幅広く紹介します。
書き手:ベイクバッケ

全自動と手動タイプの違いって?

本格コーヒーが自宅で簡単に楽しめるようになるという夢のような話を実現してしまうのがコーヒーメーカーですよね。誰もが持ちたいと思うコーヒーメーカーをいざ買おうと思っても、種類が多すぎたりついている機能が必要なのかわからなくて戸惑い、足踏みしてしまっている方は多いと思います。今回はそのような悩める方のためのガイドとして読んでいただきたいです。

コーヒーメーカーを選ぶとき、まずやっていただきたいのが自分が手動タイプのコーヒーメーカーをほしいのか、全自動型のコーヒーメーカーをほしいのか見極めることです。

手動タイプのコーヒーメーカーは自分で挽き方や豆の量、お湯の量を調節しながら自分だけの一杯を作り上げることができます。しかし、時間がかかりますし技術がなかったり慣れていないときにはどうしても失敗が多くなって、自分の飲みたい味に仕上がらないということが多くなります。

全自動タイプはその名の通り豆の量から挽き方まですべてを機械が調節していつも同じ味のコーヒーを楽しむことができます。浅時間がないときなどにはこのマシンに助けられることも多いかもしれません。

なぜ全自動を選ぶのか

先ほども指摘したように、何より時間と手間がかからないというのが全自動型のコーヒーメーカーの利点の一つになります。ミル付きのコーヒーメーカーなら豆をマシンにセットすれば私たちのやることは終了です。多とはボタンを押せば豆をミルで粉にして、ドリップをし、コーヒーとして目の前に出してくれます。最近のマシンはこれまで以上にプロの淹れるコーヒーの味に近づいており、進化を続けていますのでその味は満足すること間違いなしです。

さらに一杯あたりの値段を算出してみれば、挽きたてコーヒーが一杯約30円で楽しむことができるため喫茶店やカフェで挽きたてコーヒーを楽しむより経済的にお得であるという利点もあります。初期投資がある程度かかってしまっても、すぐにペイできる差になっています。

ミル付きか否かの違い

それならと全自動型のコーヒーメーカーを買おうとする方は少し注意が必要です。世の中に全自動として売られているコーヒーメーカーの中にはミル付きではないものも多くあります。この場合、生豆をマシンに入れてもコーヒーを作ってくれはしません。結局自分でミルを買ってきて豆を粉砕してからマシンにセットしなければいけません。実はこの方法も一定数の人気があります。ミルで生豆を挽く時間が最も風情があり素敵だという指摘もあるのです。そのためここについては自分の好みで、決めてしまうのが良いかと思います。コーヒーに風情を求めるのか、スピードを求めるのか。大事な決定になりますのでしっかり考え抜いてから決めると良いでしょう。

ノーマル全自動コーヒーメーカーのおすすめ!

それではここから実際の商品を見ながら二つのタイプを比較していきたいと思います。

タイガー ACT-B040

41nofof5rxl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

世界的に展開している日本のタイガー魔法瓶から発売されているドリッパーになります。
これ一つでドリップ、カフェポッド、ドリップポッドの三種類の方法でコーヒーを淹れることができるとして人気が高い機種になっています。一回で四杯分のコーヒーを淹れることができるので来客の際などには大活躍しますし、普段使いでもカップで一杯分のお湯をあらかじめ計測しておけば一杯分のコーヒーを淹れることも可能です。

味に関しても30秒蒸らしを採用しているので香り高く風味豊かなコーヒーが楽しめます。

部品一つ一つも取り外して洗うことができるので衛生面でも信頼できる逸品です。値段は少々張りますが機能面全体を見れば納得できる程度か思います。

象印 EC-KT50-RA

41wed8a4i9l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

同じ魔法瓶メーカーとしてタイガーと比べられることの多い象印が販売しているコーヒーメーカーです。
タイガーのACT-B040のような蒸らし機能などはついていませんが、タンクやフィルターが取り外せて、丸洗いで清潔さを維持できるという点で衛生面ではACT-B040にも劣らない機種です。
機能面で劣ることはありますが、7000円台前半であること、コーヒーの濃さを調節できたり抽出後は自動で電源が切れるなど普通以上のうれしい機能は搭載されていることを鑑みれば納得の逸品かと思います。
ACT-B040よりは手が出しやすいといえるので初心者の方にはお勧めできる商品です。

ミル付き全自動コーヒーメーカーのおすすめ!

パナソニック NC-A56

41vxbvasyml
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ミル付き全自動コーヒーメーカーの中で最も評価が高いといえるのがこのパナソニックのNC-A56です。
何といっても豆をいれて待つだけでコーヒーが飲めるという手軽さは感動的なものがあります。

この手の商品で問題となるのが洗浄ですが、この製品ではミル内の自動洗浄機能が搭載されていますので毎日掃除しなければいけないということはありません。もちろん自動洗浄だけではどうしても洗い残しが出るのでたまに洗浄してあげる必要がありますがそれでも回数はぐんと落ちます。

使いやすさで高い評価を集めるこの商品を選んでおけば間違いがないという一品です。

全自動コーヒーメーカーで忙しい朝でも最高の一杯を!

いかかでしたでしょうか。高い初期投資が最も大きな障害になるかと思いますが、トータルで見るとお得感すらあるのがこの全自動コーヒーメーカーの世界です。ぜひお試しください!


コーヒーの新着まとめ