カーテンのサイズ、気にしていますか?意外と知らない測り方と注意点。

カーテンのサイズ、気にしていますか?意外と知らない測り方と注意点。

引っ越しの際など、必ずついてくるのがカーテンの付け替えですよね。今回は落とし穴の多いカーテンサイズについてまとめてみました。しっかり確認しておかなければ、だらしない印象を与えかねませんよ!
書き手:sheep

カーテンのサイズ、気にしていますか?

引っ越しのや模様替えの際にカーテンも一気に変えてしまうという方は多いと思います。その際前の家から持ってきたカーテンをそのまま流用したり、前のカーテンのサイズをそのまま使ってデザインの違うものを選んでくる、なんてことしていないでしょうか。

実はカーテンのサイズにはちゃんとした測り方やそれに沿ったサイズ選択など細かいメソッドがたくさんあります。これらの選択を誤ると、カーテンが下についてしまって引っかかる可能性が高くなるなど危険でもありますし見た目にも悪かったり、短すぎて保温性が失われるなど実用的にも害があることが多々あります。

この記事ではカーテン選びの際に問題となる悩みや質問を解決していく助けになるような情報を提供していきたいと思っています。

カーテンのサイズの測り方

カーテンレールによって測り方が異なる

一般的にあまり知られていませんが、カーテンレールによってサイズの測り方が異なります。それぞれについて説明していきます。

一般的な機能レールの場合

機能レールには両端に固定ランナーと呼ばれるリングがついていることが多いです。これはランナーと呼ばれるカーテンをひっかける部品が落ちないようにレールにキャップとして取り付けられるものですが、カーテンのサイズを測る際にはこれが目印として用いられます。

計測ではカーテンの幅や丈を測っていきます。
まず一方の固定ランナーのリングの中心からもう一方の固定ランナーのリングの中心までの長さを測ります。この窓の幅がそのままカーテンの幅になります。次に固定ランナーのリングの下端から窓枠の下までを計測します。これが窓の丈になります。その後カーテンの丈の下端を決定する際は、窓の種類によって微調整してください。腰の高さの窓ならこのままでよいですが、掃き出し窓や出窓などの場合、窓台までを下端として計測しその値からマイナス1㎝を丈とします。こうすることでカーテンの端が床についてほこりがたまったり、裾がほつれてしまうことを防いでくれます。

装飾レールの場合

装飾レールは機能レールより見た目を重視したレールになっており、通常の場合窓の高さや幅より少し張り出して取り付けることが多いです。そのため、装飾レールを使いたい方はまずレールを取り付けてから測定しなければいけません。

多くの装飾レールには装飾キャップと呼ばれるものがついており、これでランナーが外に出ていかないようにしています。このときカーテン幅は一方の装飾キャップの付け根からもう一方の装飾キャップの付け根までを測定してください。固定ランナーはこの装飾レールにもついていることが多いので丈については機能レールと同様に固定ランナーのリングの下端から測ってください、細かい調整も機能レールの時と同様です。

一般的な既成カーテンのサイズ

既成カーテンの多くは窓の種類によって異なる幅や高さに合わせて作られています。まずは窓の種類とその大きさについて知っておきましょう。

掃き出し窓

窓の下端が床と同じ高さまで来ていてほこりなどをそのままほうきなどで掃き出せるような設計が特徴の掃き出し窓。
昔は高さは180㎝が標準だったのですが日本人の体格が大きくなっていることを受けて、最近では高さ200㎝のものが標準となりつつあります。幅については今も昔も100㎝が標準です。

腰窓

基本的は腰の高さのところに窓の下端が来るような窓のことを指します。しかし最近たくさんの種類の高さの腰窓が出てきています。その中でも数が多い高さとされているのは110㎝です。これは落下防止用の手すりが必要ない90㎝の高さを確保したうえで窓を取り付けようとすると、最近多い200㎝の建具にそろえるための残りが110㎝だからと言われています。幅については掃き出し窓と同様に100㎝が標準といえます。

それぞれにあったカーテンのサイズ

例えば100㎝×180㎝の掃き出し窓であれば既製品の100㎝×178㎝のものが最もあっています。基本的にカーテンは両開きにすることが多いので100㎝×178㎝のものを二枚購入すれば何も不自由なく使うことができると思います。
丈については明確な基準があるので選びやすいかと思いますが幅については少し悩むかもしれません。そういったときは少し余裕のあるカーテンを選ぶと良いでしょう。そうすることできれいなドレープ(ひだ)を出すことができ、美しく見せることができます。

しっかり選べば、美しく

いかがでしたでしょうか。
少し細かい話が多かったかと思いますが、細部にもこだわることで全体として洗練された印象を与えることが出来ます。
厚手のドレープカーテンの裏にレースカーテンを取り付けることも多いかと思いますが、これについてはドレープカーテンの下からレースカーテンが覗かないように、数㎝短いものをチョイスするようにするといいですよ。


カーテンの新着まとめ