目隠しにカーテン・バーチカルブラインドという選択!それぞれの特徴についてまとめてみました。

目隠しにカーテン・バーチカルブラインドという選択!それぞれの特徴についてまとめてみました。

皆さんはカーテンを窓に取り付けるだけの布だと認識していないでしょうか。実はカーテンは部屋の印象を決定づける重要なファクターなのです!今夏の記事ではカーテンの目隠しとして使う方法の工夫や最近話題のバーチカルブラインドまで幅広くご紹介します!
書き手:faramy

プライベートを守るためのカーテン

どのお家にもついているガラス窓。外から丸見えでは気持ち悪いのでカーテンなどをして目隠しする方がほとんどかと思います。最近では遮光カーテンなど高機能のものもたくさん発売されており、部屋のインテリアとしての地位も確立されてきましたよね。

しかしカーテンはただ窓に取り付けるだけの利用法しかないわけではありません。簡単に出入りができるカーテンの柔らかさを生かして壁はいらないけど緩やかな部屋の区切りがほしいなと思った時などにカーテンを使ってみたり、カラーボックスなどに入れて収納したはいいけど押し入れに入れては取り出せないし、そのまま部屋に置いておくと見栄えが良くないしというときにカーテンで隠してみたりと使い方は工夫次第で無限に広がります。

今回の記事ではカーテンの持つ可能性についてまとめていきたいと思います。

部屋の仕切りとして利用

お部屋を有機的につなぎたい時などはしきりにカーテンを使うことをお勧めします。
カーテンを透け感のあるものにすれば部屋が明るく柔らかい印象になりますし、部屋同士の仕切りとしても十分な機能を果たします。見た目としても部屋に奥行きが生まれ大きく見える効果も期待できます。

壁と大きく違う点としては、風通しが良い点でしょうか。夏場涼しく過ごす工夫にもなりますし、冬でもどちらかの部屋を暖めればもう一方の部屋にも暖気が渡るので経済的です。

収納ボックスの中身を隠すために利用

写真のように部屋の見栄えを考えて、少しごちゃつきがちな収納スペースにカーテンをかけることでがらりと印象が変わります。扉だと開ける負担がかかりめんどくさくなって掃除がおろそかになりがちですが、カーテンであれば風通し良く開け閉めできるのでよく使う棚であってもお勧めできます。

また部屋全体の印象にも大きく影響してくるパーツになるので、カーテンだけでも季節によって変えるなどすればより一層おしゃれにも模様変えできます。

取り外して洗濯するだけで清潔さも保つことが出来るので汚れがちなキッチンなどにもお勧めのアレンジです。

目隠しだけじゃないバーチカルブラインドの効果!

目隠しに用いるものといえばカーテン以外にもブラインドが思いつきますよね。ドラマなどで印象が強いのは横型ブラインドですが、最近では縦型のバーチカルブラインドと呼ばれる商品も増えてきています。このバーチカルブラインドを用いるとカーテンとはまた違う印象を醸し出してくれます。図書館など公共施設での設置が目立ちますが、家庭でもいろんな効果をもたらします。

このセクションでは便利で簡単なバーチカルブラインドについてまとめていきます。

横型との違い

ドラマで刑事さんが窓の外をのぞくシーンで有名な横型ブラインドですが、バーチカルのブラインドとはいくつか異なる点があります。
大きな違いとして多くの場合横型ブラインドは素材が金属や木材を使います。理由はたくさんあると思いますがそれ自体で自立する強さが必要になってくるからでしょう。一方のバーチカルブラインドは多くの場合素材は布です。このため横型ブラインドでは出せない柔らかく暖かいイメージを出すことにたけていて今注目のインテリアとなっています。

カーテンではなくブラインドを選ぶ理由

たくさん種類が出てきてはいるバーチカルブラインドですが、それでもカーテンの方が種類は豊富ですしアレンジの仕方も多いです。それでもなおブラインドを選ぶ理由とは何なのでしょうか。
まず第一にどんな窓にも取り付けることが出来る点は大きなアドバンテージになっています。特に推奨されているのが大きな窓。縦の線が強調されるバーチカルブラインドを用いることで、高さの目線が作られ、天井を高く見せる効果があるといわれています。そのため部屋により一層の開放感を与えてくれます。
さらに一枚一枚の羽根の部分が取り外せるという利点があります。ルーバーと呼ばれる羽の部分は小さいお子さんがいる家庭などでは引っ張ったり、ねじったりと格好の遊び道具にされてしまいます。そのため壊れやすくなるのですが一枚壊れてしまっても、その分のルーバーを買い求めれば簡単に修理ができます。この簡便性も利点といえるでしょう。

上手にカーテン・ブラインドを使ってお部屋をおしゃれに演出!

いかがでしたでしょうか。
カーテンなどの窓周りのインテリアは光にかかわってきますので意外と部屋全体の印象につながりやすいです。今までおろそかにしていた皆さんもこの機会にカーテンなど光環境の見直しをされてみてください!


カーテンの新着まとめ