Ball Watch(ボールウォッチ)の信頼を手元に。その歴史と魅力を大紹介!

Ball Watch(ボールウォッチ)の信頼を手元に。その歴史と魅力を大紹介!

Ball Watch(ボールウォッチ)はアメリカで生まれた高級腕時計メーカーです。その特徴は何といっても頑丈さと正確性。アメリカの発展を支えたボールウォッチのコレクション「トレインマスター」「ストークマン」などの魅力をたっぷり紹介します。
書き手:ネコ吉

ボールウォッチって知ってますか?

みなさんはBall Watch(ボールウォッチ)なるブランドをご存知でしょうか。アメリカの高級時計メーカーの一つなのですがよくある高級時計メーカーの評価とは一風違った評価をされているのがこのボールウォッチなのです。

その評価とは「性能の割に安い」とか「とても頑丈」というもの。
時計初心者の方が思い浮かべるような評価ではないと思います。このような評価になっているのはボールウォッチの歴史に深い関係があります。

今回の記事では高級時計界において異端ともいえる評価を受けるボールウォッチの魅力に迫っていきたいと思います。

ボールウォッチの歴史

アメリカの宝石商から始まったブランド

ボールウォッチの歴史は1891年アメリカのクリーブランドで宝石商を営んでいたウェブスター・クレイ・ボールという人物から始まります。このボールという人物はワシントン天文台の標準時をオハイオ州に持ち込んで正確な時を刻むとして州全体でも有名な人物でした。そんなボールのもとにシンシナティ鉄道の時計検査官の依頼が来たことが事のきっかけです。

実はこの1891年にシンシナティ鉄道では大規模な事故が起こっています。ボールがその原因を調査したところ鉄道員の時計が粗悪品ばかりで正確なものは一つとしてない状況でした。そこでボールは新たな鉄道時計の基準を設けます。そしてその基準を満たすような時計を自ら作ることにしたのでした。これが「ボールウォッチ」がこの世に産声を上げた瞬間だったのです。

鉄道の成長とともに高まる評価

その後アメリカ全土の鉄道に広がりを見せたボールウォッチ。アメリカでは「正確な時間が知りたかったら鉄道員に聞け」といわれるようになります。鉄道員の主な仕事は石炭をくべたり、車体の修理をするというような振動と熱が入り混じる過酷な環境での重労働ばかり。その中でも正確な時刻を刻み続ける時計を作ったことは偉業ともいえる困難な作業でした。アメリカの発展は鉄道なしにはなされなかったものですからボールがアメリカに与えた影響は計り知れないほど大きいものだったのです。

現在でも過酷な環境への挑戦を続ける冒険家たちの腕には多くの場合ボールウォッチがはめられています。過酷な条件の中もベストな仕事ができるのはボールウォッチであるとの評価が今でも根強く残っているのです。

ボールウォッチの特徴

歴史の中でも触れたように、その耐久性や信頼性は他の高級時計メーカーの追随を許しません。また多機能とは家くても必要な機能がしっかりとそろっており、いつも高いパフォーマンスを発揮するという点においても高く評価されているといえるでしょう。

ただ一方で、一般的な知名度が高いといえるほどではありませんし、ETA社のムーブメントを使っているという点で評価を下げているという声も多く聞かれます。「ボールウォッチを何本も買うならロレックスを一本買う」というような言われ方は時折目にします。ブランド力という面では他の高級時計には劣ってしまうのです。

しかし、しっかりとした歴史のあるブランドであるボールウォッチは間違いなく素晴らしい時計を世に送り出していると断言できます。初心者にはうれしい低価格帯のコレクションも充実しています。このような低価格でブランドヒストリーまで包括しているブランドはなかなかありません。ぜひお手に取って確かめてみてください。きっと気に入る時計が見つかるはずです。

ボールウォッチのコレクション

ボールウォッチのコレクションには歴史の示す通りの名前が付けられています。現在は5つのコレクションが展開されており、順に「エンジニア ハイドロカーボン」「エンジニアⅡ」「エンジニアマスターⅡ」「トレインマスター」「ストークマン」となっています。どのコレクションも一貫しているのがクラシックなデザインと独自のテクノロジーを用いて極限まで高められた耐久性です。どれも高いクオリティですのでコレクションをあさるだけでも楽しいですよ!

おすすめの時計を紹介!

ボールウォッチ キャノンボールⅡ

513estcyojl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

独自のテクノロジー「スプリングロック耐震システム」を搭載してさらに耐久性を増したのがこの「キャノンボールⅡ」です。機械式ムーブメントの中でも最も制度への影響が大きいヒゲゼンマイの周囲にバンパーを設け、衝撃が加わったときのヒゲゼンマイの変形を抑えるという「スプリングロック耐震システム」はインパクトが強く、さすがボールウォッチといえる機能です。

クラシックなデザインもおしゃれで素敵な時計です。

ボールウォッチの安心感をあなたの手元に

いかがでしたでしょうか。
機械式時計初心者の方にも自信を持ってお勧めできるボールウォッチ。マイナーさが逆に自分らしさを出していける部分でもあるかと思うのでぜひ検討してみてください。


時計の新着まとめ