水出しコーヒーのドリッパー、これは器具ではなくインテリアです

水出しコーヒーのドリッパー、これは器具ではなくインテリアです

自宅でも簡単に淹れることが出来るため人気のある水出しコーヒー、しかし最初に何を用意すれば良いのか、不安になることも有るかと思います。また、慣れてきたのでそろそろ新しい、もっと良い器具が欲しいという人のためにも、水出しコーヒーに注目しながらコーヒー器具、ポットについてまとめてみました。
書き手:冬樹

水出しコーヒーを作るために。どんな器具が必要?

水出しコーヒーとは水をコーヒー粉に垂らしながら抽出するウォータードリップ方式と、浸してからろ過する冷浸式の2つの方法があります。通常本格的な水出しコーヒーは通称ダッチ式とも呼ばれるウォータードリップ方式の淹れ方です。専用の器具が必要になるのもこのウォータードリップ方式、雑味が少なく香りや味を逃さずに抽出することが出来ます。

ウォータードリップ方式の場合には専用の器具であるウォータードリップサーバー(ウォータードリッパーとも呼ばれます)が必要になります。ですので通常のドリッパーで淹れる事ができる冷浸式に比べると値は張りますが、それに見合う味を出すことが出来ると思います。

ウォータードリップサーバーの仕組みについて

仕組みも気になるところですがまずそのデザインに注目してみたいと思います。通常のコンパクトなドリッパーに比べれば随分と背が高いですが、独特のその形状はコーヒーを淹れるところを想像してみるとワクワクしてくるようなデザインになっています。ウォータードリップ方式の肝は水と豆、水は加熱をしないのであらかじめきれいなものを用意します。軟水の方が味がうまく出やすいため、可能であれば軟水を使用することをおすすめします。

豆は深煎りのものを使うのが良いとされています。水出しは酸味が出にくい分、コク、苦味がしっかり出てくる深煎りのものを使うことで、より美味しく淹れることが出来るのです。
また、均一にゆっくりと抽出するために細挽きの粉を使うのが良いとされています。粗挽きの場合だと粉と粉の隙間が広くなってしまうため、じっくりと抽出することが出来ません。
結論としては深煎りの細挽きの使用が最も水出しに適していると言えるでしょう。

ウォータードリッパー、インテリアの一部としても機能するおしゃれなものを

それではウォータードリップ方式に必須であるウォータードリッパーを見ていきましょう。やはり設計上サイズが大きくなってしまうので、部屋においてあってもむしろインテリアとして機能してくれるような、良いデザインのものがおすすめです。

41itkpuw6hl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

まるで理科の実験器具のようなおしゃれでレトロなデザインですが、これはコーヒーメーカーのブランドとしても一流のカリタのウォータードリッパー。水を淹れてコーヒー粉を通してコーヒーの雫が垂れてくる様子までつぶさに見ることが出来るので、淹れていないときはもちろん、淹れているときには一層おしゃれな雰囲気を演出してくれます。
一滴一滴がスプーンにたまってそれが落ちてくる、といった滴下方法もおしゃれながら合理的でものづくりの粋を感じますね。
通常のドリップ方法に比べ長持ちしやすいと言われる水出しをこのドリッパーであれば5杯分程度一度に抽出出来るので、そういった意味でも便利でおすすめしたい商品です。

41dblb7lqkl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらは背丈としては比較的コンパクトなタイプのウォータードリッパーです。ただ幅としては19センチ×17センチとそれなりの大きさがあります。
どっしりとしていて、一見なんの器具なのか分からなくなってしまうようなデザインですが、色合いはかなり落ち着いているので変に目立たずに部屋に溶け込んでくれると思います。
2、3時間ほどじっくりと時間をかけて抽出するようにしましょう。

31zzre8umxl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらはハリオのシンプルなデザインのウォータードリッパー。このタイプのドリッパーはウォータードリッパーとしては標準的な形なので、買い替えたり、新しく買いたいといった場合でもそれほど苦労せずに淹れる事ができると思います。
滴下部分にコックが付いていて、これで滴下水量を調節することができます。長い時間をかけて淹れることが前提になるので、あまり多く水を出さずに、少しずつ垂らしていくのがコツです。
デザインも使い方もシンプルなのでどんな人にもオススメできる一品です。

やっぱり王道のアイスで、毎日極上のコーヒーを楽しみましょう。

水出しコーヒーは味ももちろんですが、この独特なドリッパーの醸し出す雰囲気が大きな楽しみでもあると思います。慣れてしまえば手間は手入れと水の調整程度なので夜中に抽出すれば朝には毎日おいしいコーヒーを飲む事ができます。オススメはやはりアイスのままで、ストレートに飲んでしまうこと。お湯を使ったドリップでは味わえないようなコクを楽しみましょう。


コーヒーの新着まとめ