カーテンで防音対策、音を気にしないインテリアづくり

カーテンで防音対策、音を気にしないインテリアづくり

みなさんは防音カーテンについてご存知でしょうか?窓を防音してなにか意味があるの?と思う人もいるかもしれませんが、防音の仕組みが分かれば防音カーテンの有用性がお分かりいただけると思います。インテリアの一部を担うカーテンを使って自然に音を抑える、マンションやアパート住まいの方におすすめの防音カーテンについて見ていきます。
書き手:grangst

インテリアの一役、カーテンで防音仕様の部屋にしてみる

お部屋で映画を見たり、音楽を聴いたり、はたまた友人と少し騒ぎたくなることは誰しもあるのではないでしょうか。でもマンションやアパートであれば周りの部屋への迷惑を気遣ってしまいますよね。もちろん完璧に防音してくれるわけではないとはいえ、実はカーテンには防音、吸音してくれるものがあるのです。つまりカーテンを取り替えるだけで、今までより少し大きめの音で映画を見たり・・・なんてことが可能なのです。
インテリアの範囲ではどうにもならないと思われる防音も、実は出来てしまうものなんですね。

そもそも防音の仕組みって?

そもそも、防音とは一体どういう仕組みで成り立っているのでしょうか?
例えば新居の家具などが何もない部屋で声が響くといった経験をしたことがあるかもしれません。しかし大抵、家具などが増えていくにつれてなくなっていくものです。それは家具などのものが音を微量ながらも吸収するおかげで、結果的に音が小さくなっているからなのです。

41u9kqwn5al
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

例えば上のような防音材も、素材や形などが音を吸収しやすいものであるために、防音してくれるのです。防音カーテンも理屈は全く同じで、吸音しやすい素材などを使用することで防音性能を付加しています。

防音カーテンは結局どのくらいの効果があるのでしょうか?

防音カーテンが効果を発揮するのは一般的に中音〜高音だと言われています。その音域の音とは話し声だったりちょっとした環境音などが部類されます。
逆に効果が薄いとされるのは低音だとされています。具体的には振動を伴う音でこれはつまり電車や工事音などの音を完全には遮断しきれないことを意味します。ただこれらの音はもともとかなりの音量が音源から発生しているためとも捉えられます。つまり部屋の中から発生する音であればある程度の効果が見込めるということでもあります。

そこで気になるのは音楽鑑賞や映画鑑賞などの音を出しても良いのかという点です。
まず発生する音について、中音〜高音域の音であればほとんどは遮断出来るでしょう。ただ低音、とくに音楽鑑賞の際の低音は遮断しきれない可能性が高いため、この点に関しては配慮する必要があるかもしれません。

結論としては話し声や映画鑑賞などについては一定の効果を見込めるということ。
最大で80%の音量をカットしてくれるという効果もあるようです。
常識の範囲内であればある程度音を気にしなくても済みますので、簡単な防音対策をしたいという方であれば手軽でおすすめできます。

日中気になるジェット機の音などに対しては特に効果が高いようです。

インテリアなのでもちろんデザインも重視して。防音カーテンのおすすめリスト

41ycvsjbpfl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

一番お手頃な防音カーテンです。ただこちらのブルーの色を見て頂けると分かる通り、かなりしっかりとした色味があります。濃いめの色であれば折り目やシワも気になりませんし、遮光性も高めになるのでカーテンとしての機能もしっかりと担保出来ます。線路沿いなどであれば少し厳しいかもしれませんが、部屋からの音を遮るという意味では十分に機能してくれるでしょう。

51baqjmtnvl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらのカーテンは生地の色がファブリックの素材感がありインテリア的にも非常に良いデザインです。
色も暖かみがあり、実際に断熱性もあるので冬でも部屋の温度を保ってくれます。
遮音性も他のものと同様にありますので、防音プラスインテリアのアクセントとしてオススメしたい一枚です。

71n8hao3pjl. sl1050
sponsored

Unusual カーテン

素材:ポリエステル
遮光率:75%
内容:幅100×丈178cm 2枚 フック付き

¥14,900(税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらは北欧風のデザインで中央部のボーダー部分のアクセントが部屋の中で映えてくれます。
厚手で、色と合わせて暖かみを与えてくれるので寒い時期などには活躍してくれると思います。
少し大きめのお部屋であれば濃いめの色が部屋が引き締めてくれるでしょう。

もっとしっかりと防音対策をしたい人へ

もっと部屋全体で防音対策をしたい、という人もいるかと思いますので、インテリアの範囲内での他の対策方法もご紹介します。

51gcobycwcl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

床にマットを敷くのは吸音としてはかなりの効果を見込めます。振動による音の発生をカットしてくれるため、低音が気になるという方は試してみてはいかがでしょうか?梅雨の時期などはカビなどの関係で少し注意が必要ですが、この値段で6畳をカバー出来るのでかなりコストパフォーマンスは良いかと思います。

61jhgltndwl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらはトーンが低めで落ち着いた印象を与えてくれます。
カーテンと併せて揃えることで防音性と統一されたインテリアを演出することが出来るでしょう。
実は防音に効果的なのはモノ、とくに吸音性の高い柔らかめのものを部屋に増やすことでもあります。カーテン、カーペット、ソファ、ベッドとそれぞれ意識しながら揃えることで、部屋の防音性を高めることができます。

音漏れを気にせず悠々自適な休日を!

もちろん、防音カーテンは万能ではありません。男性の声などはほとんどカットできないと言われていますし、やはり音楽鑑賞などについては周りの部屋に配慮した音量調節をするべきでしょう。ですが、カーテンを始めとして部屋の音量を抑える方法は存在します。出来るだけ自分の好きな音量で、声量で、休日や夜のリラックスタイムを過ごせるようなインテリアにこだわってみても良いかもしれません。


カーテンの新着まとめ