プリーツスクリーンでおしゃれな空間を!和室にもおすすめの種類をご紹介。

プリーツスクリーンでおしゃれな空間を!和室にもおすすめの種類をご紹介。

プリーツスクリーンは窓際に温かな光を添えるインテリアアイテム。不織布や和紙を使っていることからも、障子のかわりに和室で使われることも多いです。カーテンやブラインドなどとは違ったその魅力、そしておすすめのプリーツスクリーンの種類などをご紹介していきます。
書き手:ジョゼ

プリーツスクリーンとは?和モダンに使いたい、その特徴について。

プリーツスクリーンとは、1枚(または2枚など)の繋がった素材をプリーツ(折りひだ)をつけて折りたたんで上下に開閉するインテリアアイテム。窓際に使うことが多いので、カーテンやブラインドなどと同じ役割をすることが多いです。

上下に開閉するため、ブラインドと同じような扱いをされることが多いですが、その違いは「1枚でつながっていること」です。そのため、印象としては光の入り方が異なります。ブラインドは「光が差し込む」というイメージですが、プリーツスクリーンは光をスクリーンが一度通すので「光が柔らかく入る」イメージです。

不織布や和紙が使われているものがあることからも、お部屋を「和モダン」テイストに仕上げるためのインテリアとしてや、障子のおしゃれな代わりとして使うコーディネートが多いです。

この記事では、そんなプリーツスクリーンの魅力とおすすめをご紹介していきます。

和室をプリーツスクリーンでおしゃれに。活用事例も。

まずは、プリーツスクリーンってどんな感じに使うのがおすすめなの?という疑問にお答えして、プリーツスクリーンの活用事例についてを載せていきます。

和室とリビングの仕切りとしてのプリーツスクリーン。

普通は窓際で使われることの多いプリーツスクリーンですが、こちらのコーディネートではお部屋の区切るパーティションとして使われています。

奥の襖とモダンな印象の琉球畳の「和」のテイスト、おしゃれな赤いプリーツスクリーンのビビッドなカラーがマッチし、ユニークな調和が取れた素敵なコーディネートだと思います。

きれいなお庭の見える和室からは和紙のきれいなプリーツスクリーンを。

きれいなお庭が見える「純和風」なお部屋にもプリーツスクリーンは合うんです。

こちらのプリーツスクリーンは、和紙でできたものです。そのため、ライトの暖かな光とはまた異なった独特の日の光ならではの風合いを感じさせてくれますね。

和モダンな空気というよりも、純和風なお部屋にマッチした美しいコーディネート。

おすすめのプリーツスクリーンをご紹介。

モルザの和紙ブラインド・プリーツスクリーン

41c kfjychl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

MOLZA(モルザ)は、和紙ブラインドや和紙でできたプリーツスクリーンで人気のメーカーです。プリーツスクリーンでは、和紙の種類から、「翠雲」「ホワイトセレクション」「雪月花」「れん」などの様々なシリーズがあります。

いずれもシリーズに共通しているのは、「強い素材加工」「燃えないこと」「汚れにくいこと」といった日常使いに嬉しいポイントです。

こちらで紹介している「れん」は、その中でも最もシンプルなプリーツスクリーン。地味ながらも、落ち着いた温かな光をかんじさせてくれるので、障子のかわりにおすすめしたい一品です。

遮光もできるプリーツスクリーンも。

プリーツスクリーンは、障子のように熱や光を通しやすいものが多いです。しかし、中には遮光や遮熱ができるものも販売されています。

その多くは、「ハニカム構造」という仕組みが取られています。これは何かというと、蜂の巣型の六角形の構造が空気の層をつくり、外側から内側へ空気を通しづらくする機構です。そのため、通常のプリーツスクリーンのように直接熱が伝わりづらくなります。

Amazonなどの通販サイトや、IKEAなどでもこのタイプのものが販売されているので、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?

513z ng3izl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

プリーツスクリーンで柔らかな光を取り入れるのはおすすめ。和室にも便利!

ここまで、プリーツスクリーンの和室で使いたいおしゃれな魅力と、その活用事例、おすすめの商品までをご紹介してきました。ご自分の生活スタイルやお部屋の雰囲気に合ったものは見つかったでしょうか?

プリーツスクリーンは、素材がつながっていることからも柔らかな光を使ったお部屋の演出に向いています。特に今まで障子が使われていた和室では、洋風なブラインドのテイストと障子のような和の光のテイストがかけ合わさり、「和モダン」な雰囲気をお手軽につくり出すことが出来るので、おすすめです。

ぜひ一度、お部屋にあったプリーツスクリーンを選んでみてはいかがでしょうか?


カーテンの新着まとめ