ロレックス、サブマリーナシリーズ。デイトとノンデイトを徹底比較。

ロレックス、サブマリーナシリーズ。デイトとノンデイトを徹底比較。

スポーツ・ロレックスの中でも常にトップクラスの人気を誇るサブマリーナ。今回はサブマリーナの「デイト」「ノンデイト」を徹底的に比較していきます。
書き手:KAT

サブマリーナシリーズ

1953年初めてのダイバーズウォッチとして世界に衝撃を与えたサブマリーナシリーズ。当初としては異例の100m防水を備えており、潜水時間が測定可能な回転式のベゼルはまさにダイバーのためのツールであったと言えました。
その後長い年月をかけ、洗練されていったこのサブマリーナはダイバーウォッチの雛形とも言える地位を確立していき、他のスポーツ・ロレックスと比べても1位、2位を争う売上を誇ります。
また、他のロレックスシリーズと比べたとき、モデルが多いのが特徴的ですが、今回はそのうちの基本的なモデル「デイト」と「ノンデイト」を徹底的に比較していきます。
後述しますが、青や緑などのベゼルのモデルはこれらの型と同じ型をしているものです。

サブマリーナは、1960年代以降デイトとノンデイトが平行で生産されており、どちらも負けず劣らずの人気を誇っています。

サブマリーナ デイトの特徴

1953年に発表された初代サブマリーナはこのサブマリーナデイト。以来少しずつ変化をかさね進化してきました。

デイトとノンデイトの大きな違いはやはり、日付の表示(デイトジャスト機能)があるかどうかの違いです。
黒い文字盤に日付が白抜きで表示されているコントラストの効いたデザインが特徴的です。

ただ、このデイトジャスト機能、アジャストが少し煩雑なのが難点と言えるでしょう。
夜7時〜深夜3時の間、日付の調整などで操作することは中の機構を痛める原因となるためタブーだと言われています。自動巻き時計なので止まった状態からのアジャストの時には特に気をつけなければなりませんね。ワインディングマシンを使うという手もありますが、賛否の分かれるところです。

デイトのモデル

サブマリーナ デイト グリーンダイアル
エレガントなグリーンの文字盤とベゼルを持つデイト。上品でありながらも周囲の目を引くカラーリングです。

サブマリーナ ノンデイトの特徴

ノンデイトは外観・機能においてデイトからデイトジャスト機能を無くしたもの。
中のムーブメントも先代の14060はデイトに搭載されていたコストのかかるスイスクロノメーター(COSC)ではなくヒゲゼンマイも巻き上げヒゲではなくヒラヒゲを採用していましたが、現行モデルでは両者ともデイトと同じものが採用されているため、中身もデイトと大差なくなっています。

もう一つ注目するべきポイントはノンデイトの方がデイトよりも変化・進化が緩やかであるという点です。
過去のデザインが息づいているのは断然ノンデイトの方だと言えます。
クラシカルな趣が好みの方はノンデイトの方がおすすめです。

やはり、機能面よりもデザインに着目するべきでしょう。選択の際はファーストインプレッションを大事にした方がいいかもしれません。直感的な選択こそが正しい、サブマリーナシリーズはそういうラインナップでしょう。

価格

現行モデルにおける価格の比較をしましょう。
「デイト」 116610LN・・・メーカー価格¥874,800
「ノンデイト」 114060・・・メーカー価格¥766,800

約10万円の価格差があります。
この10万円の差を大きいと感じるか小さいと感じるかは人によって異なると思いますが、この価格差があるがゆえにノンデイトをデイトの廉価版と評する人もいるようです。

価格をステータスとする人はデイトの方がどうしても価値あるものと考えてしまいがちかもしれませんが、あくまで自分の価値基準で選択しましょう。どちらも間違いなく素晴らしい時計です。

新旧比較

新型、旧型の違いも押さえておきましょう。

まずはデイト。

現行モデル
型番:Ref.116610LN
年式:2010年〜現在
素材:904Lステンレススチール、セラミックベゼル
ケース径:40mm(リューズ除く)
防水性能:300m、トリプロックリューズ
ムーブメント:cal.3135(自動巻、耐磁性ブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイ採用)

先代モデル
型番:Ref.16610
年式:1989〜2009年
素材:904Lステンレススチール、硬化処理アルミニウムベゼル
ケース径:40mm(リューズ除く)
防水性能:300m、トリプロックリューズ
ムーブメント:cal.3135(自動巻)

引用元:watch-kaitori.com

ベゼルの素材とムーブメントが変わった程度のアップデートのみとなります。

次にノンデイト。

現行モデル(Ref.14060)と先代モデル(Ref.14060M)の違いのみご紹介。

・ラグの横穴が無くなりラグの太さが2.7mmから4mmに変更。リューズガードも大型化
されています。
・ブレスレットにグライドロックエクステンションシステムを装備。工具なしで長さ
調節が可能になりました。フラッシュフィットも一体化され、コマの中央のパーツが空洞から無垢に変更されて
います。
・セラミック製ベゼルディスクに変更。耐蝕性と耐傷性がアップしました。目盛には
プラチナの特殊コーティングが施されています。
・針とインデックスの大型化により視認性が向上。夜光塗料がルミノバからクロマラ
イトに変更されました。

参考までに

参考までに品番を掲載しておきます。ご参照ください。

現行モデル
デイト付
Ref.116610LN
Ref.116610LV
Ref.116613LB
Ref.116613GLB
Ref.116618LB
Ref.116618GLB
Ref.116613LN
Ref.116613GLN
Ref.116618LN
Ref.116618GLN
Ref.116619LB
Ref.116619GLB
ノンデイト
Ref.114060
生産終了モデル
デイト付
Ref.16618
Ref.16613SG
Ref.16613
Ref.16610LV
Ref.16610
Ref.168000
Ref.16808
Ref.16803
Ref.16800
Ref.1680/8
Ref.1680
ノンデイト
Ref.14060M
Ref.14060
Ref.5517
Ref.5514
Ref.5513
Ref.5512
Ref.5508
Ref.5510
Ref.6538
Ref.6536
Ref.6205
Ref.6204
Ref.6200

いかがでしたか?

いかがでしたか?
シンプルで力強い機能美を持つサブマリーナデイト・ノンデイト。

どちらのモデルもあなたにとってきっと大切な一本になるはずです。じっくり選びましょう。


時計の新着まとめ