JUNGHANS(ユンハンス)の洗練された時計を手元に。その歴史と魅力とは?

JUNGHANS(ユンハンス)の洗練された時計を手元に。その歴史と魅力とは?

JUNGHANS(ユンハンス)はドイツで生まれた高級時計メーカーです。長い歴史の中で培われた独自の設計哲学を一言でいうならば、「シンプル」です。いかにしてそのような結論にたどり着いたのか、その道のりを追います。
書き手:ポタック

JUNGHANS(ユンハンス)はドイツ発の老舗時計メーカー

皆さんはユンハンスという時計メーカーをご存知でしょうか。時計愛好家の中では知らない人いないというほど有名なメーカーですが一般的な知名度はそれほど高くないかもしれません。

ユンハンスは1861年にドイツ・シュランベルクで創業した高級時計メーカーです。歴史あるこのメーカーの時計の大きな特徴はそのシンプルさです。シンプルを極限まで追求したデザインは国内外から大きな支持を受けています。

今回の記事では長い歴史の中で一貫してシンプルさを追求してきたユンハンスについてまとめてみたいと思います。

ユンハンスの歴史

ユンハンスは長い歴史を持つメーカーです。シンプルさを追求する設計哲学はその歴史から生まれました。ここではユンハンスの歴史を紐解いてみましょう。

創業から時計事業への本格参入

1861年、創業者エアハルト・ユンハンスは義兄弟とともに時計部品工場をドイツ・シュランベルクに創業します。これが現在のユンハンスの母体となる会社ですが、創業当時は完全な時計を製造するような技術も規模もありませんでした。最初手掛けていたのは、シュランベルクにほど近いシュツットガルトの伝統工芸品鳩時計のための部品でした。
ユンハンスが自社製の時計を初めて製造したのは1866年、創業から5年たってからでした。

世界で一番の時計メーカーに

1903年、ユンハンスは3000人の従業員を擁し、年間300万個の時計を製造する世界一の時計メーカーへと成長します。このころにはユンハウスはシュツットガルトだけではなく、ロッテンブルクやパリなどにも支店・製造工場を持っていました。また主ゼンマイやヒゲゼンマイ、ねじ、小歯車といったムーブメント部品を供給していたのは周辺の関連会社で、これらの成長とともにユンハウスも大きくなっていったのです。
さらに1918年にはシュバルツバルト渓谷に代表的な工場を建設します。この工場は従業員全員が最高度の精密さで製造ができるように細長い作業室のすべてに十分な日航が差し込むような設計となっていました。この工場はユンハンスの進歩を象徴する歴史的な建造物となりました。

自社製ムーブメント、「パイロットウォッチ」の誕生

1930年代になるとユンハンスは独自に開発したムーブメントを自社の時計に搭載するようになります。自社製ムーブメントは自分の会社としての技術力を世界に発信するためにも重要なファクターとして扱われており、ユンハンスの技術力が世界屈指の水準まで押し上げられてきたことを示しています。

さらにユンハンスは自社の技術に磨きをかけ、1946年には自社製ムーブメントを搭載した初のリストウォッチクロノグラフの設計が始められます。この時計にはストップウォッチ機能が搭載されており、当時新設されたドイツ連邦軍が求めていた典型的な「パイロットウォッチ」そのものでした。ユンハンスは極めて頑丈で信頼性の高いクロノグラフを作成、見事ドイツ連邦軍とのケ訳を勝ち取ります。この少し後には一般向けのモデルとしても発売され、人気を博しました。

最大の転機、マックスビルとの出会い

世界的に成功を収めたユンハンスは1950年代初頭、ある実験的な戦略をとります。それは日用品のデザインをアーティストに依頼するというもの。このとき選ばれたのがスイス人のマックス・ビル。彼は高名なバウハウスで芸術を学び、その後にはバウハウスの「機能主義的造形」を継承してウルム造形大学の設立に尽力するなど「バウハウス最後の巨匠」と呼ばれる、その時代を代表する芸術家でした。彼は学生たちと共同でユンハンス社初のデザインキッチンクロックを開発します。これは伝統企業であったユンハンスにとっての成功の始まりでした。マックス・ビルの純粋主義とユンハンスの最先端の技術が融合したことは、この後のユンハンスを支えていく柱となりました。

クオーツ式時計で世界を出し抜く

ドイツ初のクオーツ式時計の試作品を発表したのはユンハンスでした。このとき発売された「Astro-Quarz」でユンハンスはまた歴史の1ページにその名を刻むのです。1972年には増産体制に入り人気を博しました。

その後、ベルリン五輪でタイムキーパーとしての人を負うなどその地位を確固たるものにしたユンハンスは今もいたる分野で進化を続けています。

ユンハンスのコレクション

ユンハンスのコレクションといえば何といっても「マックスビル」でしょう。現代における非凡の芸術家マックス・ビルが作り上げた洗練されたデザインはクラシカルでありながら、いつも新しいものを発見できる奥深さをはらんでいます。

デザインを細かく見てみると、普通の時計より絞られたベゼルや視認性を極限まで高めた長いインデックスなど目につく部品はたくさんあります。このすべてが時計全体のシンプルさを演出するために作りこまれたデザインであって、スティーブ・ジョブズがかつて言った「シンプルであることは、複雑であることよりも難しい」という言葉を体現しているかのようです。

さらにこのように作りこまれ、長いブランドヒストリーを持つユンハンスの腕時計であるにもかかわらず、手の届く価格帯に落とし込まれている点は特筆すべきものがあります。

手元にユンハンスの洗練された時計のある生活を

いかがでしたでしょうか。
見れば見るほど味が出るユンハンスの腕時計。あなたの人生のお供にぜひお試しください。


時計の新着まとめ