「カラトラバ」は、パテックフィリップの変わらない時の古典。価格とともにその魅力をご紹介。

「カラトラバ」は、パテックフィリップの変わらない時の古典。価格とともにその魅力をご紹介。

カラトラバは、パテックフィリップの高級腕時計の代表格ともいえるロングセラーモデル。流行に左右されないトラディショナルで洗練されたデザインは、1932年の発表当時から変わらないラウンドケース腕時計の模範です。この記事では、そんなメンズやレディース問わず、世界中で愛され続ける「カラトラバ」の魅力について価格とともにご紹介していきます。
書き手:KAT

カラトラバは、パテックフィリップの不朽のタイムピース。

カラトラバ(Calatrava)は、パテックフィリップを代表するコレクション。その生まれは、1934年。時計における機能の美的表現の末に形作られたこのラウンドケースのフォルムは、全てのラウンドケースの象徴ともいえるような古典的でシンプルなデザインです。

古くから世界中で愛されるパテックフィリップのカラトラバ。そこにはどんな魅力、そしてモデルがあるのでしょうか?

この記事では、カラトラバの魅力をストーリーとともに、また価格など腕時計の購入情報も添えてお届けします。

パテックフィリップとは。その根源となるクラフトマンシップ。

パテックフィリップ(Patek Philippe)は、スイスの高級時計メーカー。創業は1839年と、老舗です。

さまざまな論はありますが、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲとともに3大時計メーカーとして数えられることも多いです。世界最高クラスのマニュファクチュールとしてその名前は知られており、永久に修理ができる「一生ものの時計」として世界中で愛され続けています。

代表作は本記事でも紹介していく、伝統モデル「カラトラバ」。技術の高さを感じさせてくれる複雑時計コンプリケーションモデル。高級スポーツウォッチとして新しい世界観を持つ「アクアノート」「ノーチラス」が有名。

そのクラフトマンシップは、美しさの追求。デザイン、技術ともに最高の時計を追い求めることで、至高の美を見出すその精神は、カラトラバをはじめとした全ての時計で一貫しています。

Ref.5196。伝統を継承し続けるカラトラバの真髄。

カラトラバの Ref.5196 は、メンズ向けで現行のモデルは2004年に誕生したモデル。Ref.96という1932年に発売されたカラトラバ最初のモデルにルーツを持っています。そのデヴィッド・ペニーがデザインしたと言われる美しさは、バウハウスのデザインに由来した機能美の追求が感じられます。

フェイスから受ける印象はとてもシンプルですが、インデックスやラウンド型のフォルムはひと目で「カラトラバ」と分かるユニークさをもった洗練性ともいえるでしょう。時計そのものがもったピュアな美しさを丁寧に表現した結果がこの造形を生み出しています。

息を呑むほど美しいこのデザインは、時を越えて愛されるその永遠の理由がそこにあります。

こちらのムーブメントは、機械式の手巻き。本当に時計を愛する大人におすすめしたい腕時計です。

41u6ypf4njl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

レディースにおすすめのカラトラバは、本物の上品さを究極に。

カラトラバは本物を追求する、ハイクラスな女性にも人気のレディースモデルがあります。

中でもおすすめしたいのは、 Ref.7200。

こちらは、カラトラバらしいバランスが異常とも言えるほどに取れたシンプルな美しさが映える腕時計です。薄型のスタイルも相まって、洗練しつくした女性の雰囲気を腕元に演出することができるでしょう。

背面は写真の通りシースルーバックになっているため、その複雑で美しいメカニズムを目で見ることが出来ます。

時計を愛する本物のレディースにはぜひおすすめしたい一品。

41%2bwnlzxhwl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

カラトラバは、本物の本質を追求し続ける。

カラトラバは、美しいパテックフィリップを象徴を代表するタイムピース。その魅力についてご紹介していきました。

メンズ向けのカラトラバとして定番で人気の高い「Ref.5196」やレディース向けの美しい「Ref.7200」のモデルを紹介しました。パテックフィリップの機能と美の追求しつくしたクラフトマンシップの結果が、この時計を生んでいるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。そして、読んでくださった方が、少しでもカラトラバの世界観に触れることができたなら幸いです。

また、日本のパテックフィリップの正規販売店は、三越や高島屋などを中心に大手の百貨店にあります。ぜひ一度はカラトラバを直接目にしたいものですね。身につけることができたなら、更にその本物の世界を手にすることができる至高の腕時計といえるでしょう。


時計の新着まとめ