アメリカンコーヒーは「薄い」だけじゃない!本当の入れ方と魅力は?

アメリカンコーヒーは「薄い」だけじゃない!本当の入れ方と魅力は?

アメリカンコーヒーは好きですか?ただ「薄い」コーヒーというイメージから敬遠しているという方もいるのではないでしょうか?でもその実はとても奥が深いコーヒーなのです。本当の入れ方や楽しみ方、そのして魅力まで。しっかりと楽しみたいアメリカンコーヒーの世界をご案内します。
書き手:ポタック

アメリカン、は薄いだけじゃない。その意味や魅力とは?

アメリカンコーヒーというと、ただ薄いコーヒーというイメージを持たれがち。そのため、あまり好んでアメリカンコーヒーを飲む人が少ないと思います。しかし、その実は「ただの薄いコーヒー」ではありません。アメリカンは、お湯で薄めれば出来るコーヒーというのも正しくないですし、ちゃんとした作り方があります。

この記事では、そんな知られざるアメリカンコーヒーについて解説していきます。

アメリカンコーヒーって、そもそもどんなコーヒー?

アメリカンコーヒーは、浅煎りのコーヒー豆から抽出したコーヒーです。基本的には、ミディアムロースト・シナモンロースト状態で煎られた豆を使っていることが多いです。この煎り具合では、コーヒー本来の苦味があまり出ず酸味が強くなってきます。なので、アメリカンコーヒーは薄い印象を感じるのですね。

焙煎によって生まれる色素も弱いので、実際にアメリカンコーヒーを淹れると紅茶のような薄い色を見ることが出来ます。

またそもそも、アメリカンコーヒーという言葉は、日本でしか通用しない呼称です。アメリカでは「weak coffee」と呼びます。「アメリカ人がよく飲むコーヒーだから」などその由来には諸説ありますが、日本で生まれた言葉というのは間違いがなさそうです。

「アメリカーノ」と「アメリカンコーヒー」は違う!

アメリカーノは、アメリカンコーヒーと違い海外でも使われるコーヒーの呼称。しかし、こちらはそもそもアメリカンコーヒーと入れ方やそのものが異なっています。

アメリカンコーヒーは浅煎りの豆を使いますが、アメリカーノでは関係ありません。

アメリカーノは、濃く抽出したエスプレッソのコーヒーをお湯で薄めて飲むコーヒーのスタイルのことを言います。エスプレッソの苦味をお湯で割ることですっきりとした飲みやすい味わいになり、ドリップコーヒーが好きな人でも飲みやすいテイストになります。

アメリカンコーヒーで、ドリップコーヒーをお湯で薄める作り方をするのも一般的になってしまいましたが、その方法は元の方法からすると誤りで、むしろアメリカーノに近い入れ方なのですね。

アメリカンコーヒーのおすすめの入れ方!美味しい豆は?

ドリップコーヒーでのアメリカンコーヒーのおすすめの入れ方は、通常のドリップコーヒーの入れ方から少々工夫が必要です。

通常のドリップコーヒーでは、フィルターに10gほどの粉を入れるところ、6g~8g程度の少なめに。また抽出のときは、30秒ほどの若干短めの時間で行うことをおすすめします。そうすることにより、浅煎りのコーヒーの香りをよく引き出せる形になります。

また、可能であれば、3つ穴の「カリタ式」のコーヒードリッパーを使うのが良いと思います。通常のドリッパーだと抽出のスピードが遅くなりがちで、浅煎りの豆の雑味が出がちなのですが、カリタのものであると後味がすっきりした飲みやすいアメリカンらしい味のコーヒーを抽出しやすいです。

ここまでの入れ方はあくまでも著者の一例なので、自分ならではのアメリカンコーヒーを入れるスタイルを探してみることをおすすめします。

カルディのアメリカンブレンドで手軽にアメリカンコーヒーを楽しむ。

51zah%2bjr ml
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

もちろん浅煎りに適した豆が必要なわけですが、個人的には気軽に手に入れやすいカルディの豆をおすすめします。

コロンビア、ブラジル産の豆を中心にしたブレンド。さっぱりとした飽きの来ない味は、アメリカンらしいテイストを楽しむことが出来ますね。

カルディの豆は、比較的カルディのコーヒーショップや通販にて気軽に手に入れやすいのがやはりポイントです。そして値段と味のバランスが取れているので、誰にでもおすすめしやすいものになっています。

本物のアメリカンコーヒーを楽しんでみませんか。

アメリカンコーヒーは、薄いコーヒーという印象があった人も少し違った印象をもつことができたでしょうか?

アメリカーノとも少し違ったアメリカンコーヒーは、コーヒーの楽しみ方の一つ。コーヒー豆の煎り方によって変わるコーヒーの楽しみを分かりやすく名前付けたものといえますね。

カフェのメニューで見かけるアメリカンコーヒーですが、自分でいれるのも楽しみの一つ。アメリカンコーヒーを淹れる際にはお店で浅煎りのコーヒー豆を買う必要がありますが、自分でおすすめの豆を探してアメリカンコーヒーを試してみることをおすすめします。

本物のアメリカンコーヒーを知って、より深いコーヒーの楽しみを感じてみてくださいね!


コーヒーの新着まとめ