バーチカルブラインドを取り入れてハイクラスなおしゃれを。おすすめの実例を厳選。

バーチカルブラインドを取り入れてハイクラスなおしゃれを。おすすめの実例を厳選。

バーチカルブラインドは、その名の通り縦型のブラインドのこと。光が線にになって差し込むそのデザインや窓をスリムに見せる縦型のスラットは、カーテンや通常のブラインドにはない特徴です。そんなバーチカルブラインドのおすすめのコーディネート・実例を厳選してご紹介していきます。
書き手:grangst

バーチカルブラインドを取り入れて、ハイレベルなお部屋に。

バーチカルブラインドは、その名の通り「縦型のブラインド」。通常、横型のブラインドがメジャーですが、これはカーテンのように縦に取り付けるブラインドです。

その特徴は、なんといってもデザイン性。光が縦に入ること。そして、縦に長いスラットは窓の印象をスリムに見せてくれるという効果があります。小さな窓よりも大きな窓に大胆に設置することによって、上品な空間を演出するアイテムとして活用されることが多いです。

そこで、この記事ではバーチカルブラインド(縦型ブラインド)のおすすめのコーディネート・実例をご紹介していきます。

バーチカルブラインドのデメリットは?

バーチカルブラインドは、もちろんデザインとしてはおすすめですがいくつかのデメリットもあります。それは、

・一般のカーテンに比べると遮光性・遮熱性に劣ってしまう
・小さな子どもやペットなどに遊ばれて、いたずらされやすい
・風邪に弱く、スラット同士が絡まりやすい
・取り外しづらいので、洗濯を気軽に行いづらい
・対策をしないと、外から家の中が見えてしまうこと

などの点です。いずれも、注意や対策をすればそこまで大きな問題にはなりませんが、カーテンと比べると利便性の面で勝るところが少ないという意見も多くあります。

「デザインのためなら、機能性は多少なら気にならない!」という人であれば間違いなくおすすめできますが、以上の点を留意した方がよいかもしれませんね。

「センターレース」タイプのバーチカルブラインドにも注目。

バーチカルブラインドを購入する際に注目したいのは「センターレース」の有無。では、センターレースとはなんでしょうか?

それは外から見えないようにするため、ブラインドを開けているときはレースの生地、ブラインドを閉じているときは通常の素材の間をレースが埋めることで目隠しすることができる仕組みです。通常のバーチカルブラインドは外から丸見えになってしまうので、プライバシーを守るためにもぜひ取り入れたいポイントです。

センターレーススタイルのバーチカルブラインドは、ニチベイのアルペジオという商品が有名です。別途ミラーレースのカーテンを設置するなどするよりも手軽な目隠しができますね。

バーチカルブラインドのおすすめ

基本のバーチカルブラインドは、リビングの光を。

バーチカルブラインドの使い方は、普段カーテンを置いていた(置くであろう)リビングなど大きな窓が面積を占める場所に大胆に設置することが基本になります。

こちらのお部屋では、落ち着いた色合いのソファーとラグを中心に全体的に清潔感のあるシンプルなコーディネートですが、バーチカルブラインドの光によって印象が大きく変わっているのが分かりやすいですね。

テレビ台のラインとバーチカルな光の模様が合わさって写真にしても見栄えのする素敵なお部屋の例です。

ニチベイのアルペジオは、センターレーススタイル。

16ncvl arp a7707l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへitem.rakuten.co.jp

センターレースのスタイルが特徴的なこの商品ですが、もちろん目隠しもできる機能性だけでなくそのデザインもおしゃれで上品なものです。

シンプルなシルエットですが、カラー展開が豊富。レース素材の色やメイン素材の色をお部屋の雰囲気に自然に溶け込ませやすいので、模様や柄で魅せるカーテンのようなコーディネートではなく、光やそのフォルムで自然に演出するおしゃれができるものといえます。

まず、バーチカルブラインドを選びたい人におすすめしたいアイテムです。

タチカワ ブラインドの自由なラインドレープ。

Ld 4231l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへitem.rakuten.co.jp

こちらのバーチカルブラインドは、カラフルなドレープもオーダーできるのが特徴です。同じ生地でさまざまなカラーを織り交ぜたドレープにすることによって、ユニークなオリジナルのテイストを作り出せます。

またデザインの選択肢は多少狭まりますが、遮光生地のドレープもあるのでプライバシーに心配のある方にも安心しておすすめしたいブラインドです。

このシリーズではスタイリッシュなアルミ素材や天然の木をつかったスラットもあるので、カラフルなだけじゃない、上品なパターンまで幅広く対応できるのも大きなポイントなので、「色んな種類からバーチカルブラインドを選びたい!」という人はぜひチェックしてみてくださいね。

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドを導入する魅力やデメリットがお分かりいただけましたでしょうか。もちろんデメリットもあるこのブラインドですが、きちんと対策をすればそのデザインに惚れること間違いなしのインテリアアイテムです。

大きな窓をバーチカルブラインドで埋めると、光の差し込み方や窓の印象まで大きく変えることになるので、これひとつでお部屋の雰囲気をひとつ上のランクのおしゃれにできますね。

部屋の雰囲気やライフスタイルはさまざまなので、簡単に取り入れにくいものではありますが、新しく家を建てたりお部屋を選んだりする際にはぜひ意識して考えたいもの。ぜひ、バーチカルブラインドを選んで素敵な毎日を過ごしてみてくださいね!


ブラインドの新着まとめ