スタバの人気コーヒー豆。今飲みたいおすすめを3つ厳選しました。

スタバの人気コーヒー豆。今飲みたいおすすめを3つ厳選しました。

スターバックスコーヒーで販売しているコーヒー豆はバランスの取れたものが多く、シアトル系コーヒーに由来するスタイルの通り中煎り〜深煎りのものが人気です。街中のどこにでもあるスターバックスなので、コーヒー豆を気軽に楽しめるコーヒーショップとしても利用したいですよね。そこで、この記事ではスタバの人気コーヒー豆を厳選してご紹介していきます。
書き手:yanaka

スタバの豆のおすすめと人気。そもそも豆の特徴は?

スターバックスコーヒーは今となっては街中のどこでも見かける「カフェ」というイメージがありますが、そのお店の多くではタンブラーなどのコーヒーグッズやコーヒー豆など自分でコーヒーをドリップをするのにも通いたい「コーヒーショップ」という側面もあります。そんなコーヒーショップとしてのスターバックスは、気軽にコーヒー豆を買うのに便利なお店と言えるでしょう。

以下では、そんなスターバックスで買える人気でおすすめの「コーヒー豆」をご紹介していきます。

スターバックスの豆の特徴は、コーヒーのスタイルにありました。

スターバックスの豆の種類の特徴を知るには、そのコーヒーのスタイルの背景を知る必要がありるかもしれません。もともと、スターバックスはアメリカのシアトルではじまったコーヒーショップ。そのため、いわゆる「シアトル系コーヒー」と呼ばれるものの代表格です。では、シアトル系コーヒーとはどのようなものなのでしょうか?

シアトル系コーヒーは、浅く焙煎された「アメリカンコーヒー」に対し、エスプレッソをベースにしたコーヒーをアレンジする文化があります。例えば、ラテやモカなどはそのアレンジされたコーヒーメニューで、スターバックスを代表するものですね。

スターバックスのコーヒー豆はそんな「エスプレッソ中心」のスタイルに由来し、比較的深煎りの豆に人気があります。「ブロンドロースト」という浅いローストのものもあいますが、「ミディアムロースト」と呼ばれる中煎りのものと「ダークロースト」と呼ばれる深煎りのものが多く販売されています。

スタバの豆のおすすめ。バランスがとれた味わいが人気です。

ハウスブレンドは、スタバの定番テイスト。

51gcwullnll
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ハウスブレンドは、スターバックスに行ったことのある人なら、1度はまず飲んだことのあるブレンドだと思います。コーヒーらしい酸味と苦味が合わさり、豊かなコクが生まれたテイストになっています。テイスト自体の主張は特別強いわけではないので、甘いお菓子などと一緒に楽しみたいコーヒーですね。

スタバの店頭だけでなく、コンビニなどでも販売されていることがあるので、本当にどこでも手に入る「スタバ定番のテイスト」と言えるでしょう。

パイクプレイスローストは、なめらかなバランスタイプ。

512cxbv08wl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

パイクプレイスロースト。「パイクプレイス」というのは、スターバックスが発祥した「パイクプレイスマーケット」という市場に由来しています。これ自体のテイストはボトルコーヒーとして販売されているほど、ハウスブレンドと並んで「スターバックスの顔」といえるブレンドになります。

どちらもお馴染みのブレンドと言える訳ですが、パイクプレイスローストはハウスブレンドと比較したときに「なめらか」で丸みのある味わいが感じられると思います。そのため、コーヒーの印象としては比較的さっぱりとしたものになるでしょう。

気軽にコーヒーを他のお菓子などと合わせた脇役として、日常的に飲みたいコーヒー豆です。

クリスマス ブレンドなど、期間限定のもの◎

4524785101760 1
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.starbucks.co.jp

スターバックスでは、お馴染みのクリスマス ブレンド。こちらは、深煎りの「エスプレッソロースト」と浅煎りの「ブロンドロースト」と合わせて3種類の展開があります。それぞれのパッケージもカラー違いでおしゃれなので、店頭で並んでいるとよく目に入りますね!

こちらの豆の特徴は、しっかりとしたコクと豊かな甘味にあります。その名の通りと言ってはそれまでなのですが、冬のケーキやシュトーレンといったお菓子にあうような「クリスマス」に最適なコーヒーのブレンドです。

スタバの豆で、気軽においしいコーヒーライフを楽しむ。

ここまで、スターバックスの人気コーヒー豆を厳選してご紹介しました。ここに紹介しているもの以外にもブロンドローストの浅煎りのものや、ダークローストのより苦味が強い深煎りのものまで多くあるので、実際の店頭でバリスタの方と相談しておすすめを探していくのも良いかもしれませんね。

紹介した3つのブレンドは、どんなシーンにも合わせやすいハウスブレンドを中心に定番といえるもので、これをベースに例えば朝はライトなテイストのものに、食後はしっかりとした煎りのものにと生活スタイルをつくっていくのが個人的なおすすめになります。

スターバックスのコーヒー豆で、気軽に豊かなコーヒーライフを楽しんでみてくださいね!


コーヒーの新着まとめ