上質なブレイクタイムはコーヒーカップから。人気のコーヒーカップのおすすめな選び方

上質なブレイクタイムはコーヒーカップから。人気のコーヒーカップのおすすめな選び方

コーヒーを飲む習慣があるという方は多いかと思います。また、その中でも自宅でコーヒーを淹れて飲むという方もいることでしょう。ですが、コーヒー用のコーヒーカップはお持ちでしょうか?実は、コーヒーカップは、ブレイクタイム時の見た目や雰囲気の美しさだけでなく、コーヒーの味にも影響してくるのです。本記事では、コーヒーカップに関する基本的な知識と選び方についてご紹介し、コーヒーカップの奥深い世界へと皆さんをご招待していきます。
書き手:sheep

安らぎのひとときのために。コーヒーカップの基礎知識

飲むコーヒーに合わせて選ぶ、コーヒーカップの容量

コーヒーカップの容量には大きく4種類あります。それぞれ、適しているコーヒーが異なります。一つ一つ見ていきましょう。

・レギュラーカップ

まず一つ目は、一般的に使われているサイズのレギュラーカップ。容量は120cc前後で、缶コーヒーより少し少なめくらい。適しているコーヒーは、煎った豆を粉にして淹れる「レギュラーコーヒー」、焙煎の浅めな豆を使う「アメリカンコーヒー」など。

・マグカップ

レギュラーカップと並んで多く使われている、大き目のマグカップ。取っ手付きの円筒形の形状のカップを指します。180cc程度かそれより大きいものも。適しているコーヒーは「レギュラーコーヒー」「アメリカンコーヒー」「カフェオレ」など。

・デミタス

エスプレッソを飲むために生まれたのが、小さめのデミタスカップです。容量は60cc前後と小さめ。適しているのはやはり「エスプレッソ」で、エスプレッソは濃いコーヒーなので少ない量を少しずつ飲むという形になります。

・カフェオレボウル

3つめがカフェオレを飲むために生まれたカフェオレボウル。容量は200cc程度かそれ以上で、口径の広いボウルの形状で持ち手のないものが多いです。適しているコーヒーは、コーヒーと牛乳を均等にいれたもの。適したコーヒーは「カフェオレ」、エスプレッソの上にホイップクリームとシナモンが添えられた「カプチーノ」です。

熱々がいい?ぬるめがいい?コーヒーカップの厚みで調節できる保温性

コーヒーは、70度前後が最適な温度とされていますが、熱々のコーヒーが好きな人もいるでしょうし、あまり熱いよりはぬるいものが好きという人もいることでしょう。そこで、カップの厚みを見るべきだということになります。カップが厚ければ保温性が高まり、最後まで熱々のコーヒーを楽しむことができます。一方、薄いカップを使うと、すぐに冷ますことができるので、ぬるめのコーヒーが好きな人にオススメです。

おすすめコーヒーカップをご紹介

WEDGWOOD(ウェッジウッド)

31nt9ptc5wl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

プレゼントや結婚祝いなどとして世界中で親しまれているWEDGWOOD(ウェッジウッド)は、イギリスの最高級陶磁器メーカーであり、英国王室御用達のブランドでもあります。是非ともおすすめしたい「フェスティビティ」は、ラグジュアリーなウェッジウッド製品の中でもシンプルなデザインに寄っていて、来客にも適した高級感と品格を備えつつ普段使いにも適しています。

マイセン

31nwdrllrjl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ドイツの「マイセン」は、同名の地方で生産される磁器の呼称であり、ヨーロッパで初めての硬質の磁器でもある名実ともに西洋白磁の頂点に君臨する名窯です。マイセンの磁器は、シンプルな色味で風格あふれるデザインが特徴的です。簡単に手の届かない価格のものも多いですが、結婚祝いなどの慶事などの際に贈り物とするのにぴったりだと思います。

美濃焼

511kbx67d5l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

土を主な原材料として粘土を混ぜて焼いている美濃焼。粘土の独特な色合いは、コーヒーカップの温もりを感じさせてくれます。また、凹凸のある手作り感も魅力です。内部に空気を含んでいるため、保温性にも優れています。磁器のカップも良いですが、美濃焼のような温かみのあるコーヒーカップも、自分用としておすすめですね。

コーヒーカップが変わればブレイクタイムが変わる。ワンランク上のひとときを。

本記事では、コーヒーカップは見た目や雰囲気の美しさだけでなくコーヒーの味にも影響してくること、また、どのようなコーヒーカップを選ぶべきかという参考のために、ウェッジウッド、マイセン、美濃焼などといったおすすめのコーヒーカップをご紹介させていただきました。普通のコップに淹れるのでもいいですが、やはりお気に入りのコーヒーカップを使うことで、あなたのブレイクタイムはより豊かなものとなるでしょう。もし興味があれば、ぜひ奥深いコーヒーカップの世界を見てみてください!


コーヒーの新着まとめ