休日にはこだわりの一杯を!豆と道具にこだわった美味しいドリップコーヒーの淹れ方

休日にはこだわりの一杯を!豆と道具にこだわった美味しいドリップコーヒーの淹れ方

普段は忙しくてもほっと一息つける休日などには、おいしいコーヒーを淹れて上質な時間を過ごしてみませんか?豆と道具からこだわった一杯を家で楽しむための美味しいハンドドリップコーヒーの淹れ方をご紹介します!
書き手:ベイクバッケ

普段どのようなコーヒーを飲んでいますか?忙しいしなんだかんだインスタントコーヒーを飲んでしまう...という方も多いかと思います。休日のように時間があるときには味にこだわりたいという方に美味しいコーヒーの淹れ方をご紹介します。豆と道具にこだわった1杯を楽しみましょう!

豆にこだわる

美味しいコーヒーは豆を選ぶところから始まります。コーヒーと一口に言っても豆によって様々に味は異なりますし、同じ豆でさえ焙煎度合いによって味は異なります。数え切れないほどあるコーヒー豆から自分の好みあった産地、焙煎度合いを探してみることがおすすめです。

道具にこだわる

豆を選んだら、次は道具にこだわってみましょう!コーヒー豆から1杯のコーヒーを淹れるまでにミル・ドリッパー・サーバー・コーヒーポットが必要になります。

ミル

コーヒー豆を粉に挽く道具がミルです。ゆっくりと時間をかけて豆を挽くプロセスを楽しみたい人は手動のミルを、毎回手動で挽くのはちょっと...という方には電動のミルがおすすめです。
ミルを選ぶ際には均一な粉の粒度にできるかどうかを確認することです。

ペーパーフィルターでハンドドリップのコーヒーを淹れるときは中細挽きが適しています。

41flipblool
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

クラシックなデザインが特徴の手動ミル。部屋に置くだけでおしゃれに見えます。インテリアとしてもおすすめです。

41iykd3jlxl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

業務用としても使える電動ミルを小型化して家庭でも使えるようになっているミルです。こちらもインテリアとして部屋におすすめです。

ドリッパー

ドリッパーの説明

51gowteiabl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

カリタのドリッパーは3つの小さな穴が空いているのが特徴です。穴が小さいので抽出の速度は遅めですが、しっかりと抽出することができます。

414byjdrvpl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

一方ハリオのドリッパーは中心に大きな穴が1つ空いている円錐形の形が特徴で、カリタのドリッパーに比べて速くドリップできます。その分、1杯だけ淹れたいというときには不向きです。

サーバー

ドリッパーから落としたコーヒーを受けるのがサーバーです。ドリッパーのサイズにあったサーバーをお使いください。

41id1ibiqal
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

コーヒーポット

ドリッパーにお湯を注ぐ道具です。普段淹れるコーヒーの量にあったコーヒーポットを使うのがおすすめです。

41gx5nzocsl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

おしゃれなコーヒーポット。注ぎやすいだけでなくハイセンスな形状もデザイン性が高いです。

415egqgqlhl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

容量が大きめのコーヒーポット。デザイン性との両立も◎

ここでポイントになるのは、細口のポットを使うことです。コーヒーはお湯の注ぎ方によっても味が変わってくるので、お湯を注ぎやすい細口の方がコントロールしやすいのでおすすめです。

淹れ方

まず、ドリッパーの上にペーパーフィルターを載せ、その中に粉をいれます。その際に軽く揺すって粉が平らになるようにすることが大事です。次にお湯を注ぎます。まず粉全体にお湯で湿らせることで蒸らします。こうすることでお湯の通り道をつくることができ、美味しく抽出することができます。このときにお湯をサーバーに落とし過ぎないことが大切です。数滴サーバーにポタポタ落ちる程度で全体を均一に湿らせることが重要です。最初は難しいですが、細口のポットを使って粉に近い位置からゆっくりと落ち着いて注げば、次第にうまく蒸らせるようになります。

30秒ほど蒸らしたら、中心にお湯を注いでいきます。このときに粉全体にかけるのではなく、中心に500円玉くらいの大きさで「の」の字を描くように注ぐことがポイントです。新鮮な豆であればこのときに粉が膨らんで炭酸ガスが放出されます。これは苦味の原因になるので、お湯を一定のペースで注ぎ続けて泡になっている炭酸ガスをサーバーに落とさないことも大切です。

いかがでしたか?上質なコーヒーは豆と道具から始まります。次の週末は豆からコーヒーを淹れてみてはいかがですか?


コーヒーの新着まとめ