全自動コーヒーメーカーも高いもののほうがいいのか?クラス別に解説

全自動コーヒーメーカーも高いもののほうがいいのか?クラス別に解説

自分の部屋でコーヒーを淹れてみたい...とは思っていても、実際にドリッパーを使ってコーヒーを淹れるのはなかなか手間ですし、時間もかかります。全自動コーヒーメーカーであれば本格的なコーヒーを簡単に淹れることができます。何よりのメリットは時間の節約。忙しい朝でもすぐに淹れる事ができますし、コーヒーを飲みたいと思ったときにすぐに用意出来たら少し気軽ですね。<br>安価で導入しやすいものもありますが、せっかく買うのあればちょっといいコーヒーメーカーの方がいいという方もいるかもしれません。値段を含めたクラス別に、メリットやデメリットなどを見ていきたいと思います。
書き手:ベイクバッケ

コーヒーメーカーは値段やクラスで味が変わるのでしょうか?

コーヒーメーカーと一口に言っても、1万円以下のものから10万円を超えてくるものまで種類やクラスに大きく違いがあります。では一体その値段の違いは何なのでしょうか?そしてハイクラスなコーヒーメーカーを導入するメリットは?
細かく比較して、ご自分に一番合うコーヒーメーカーを見つけましょう。

エントリークラスのコーヒーメーカー

1万円以下で導入することが出来るエントリークラスのコーヒーメーカーを見ていきましょう。

51077rwqtgl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

画像左側、メーターの付いているところにお水を入れて、電源をオンにして熱することでお湯ができます。それを右側のドリッパーに淹れていくことで、コーヒーを抽出しています。
これがエントリークラスの一般的なコーヒーメーカーです。こういったエントリークラスの一番の役割はコーヒーに適切な温度のお湯を用意してくれることです。コーヒーは100度近い熱湯になると蒸発する水が多すぎてしまいます。そこで少し温度の低い93度~95度あたりで淹れるとちょうどよく蒸らすことが出来ると言われています。

デメリットは抽出の精度がそれほど高くないことです。美味しいコーヒーを淹れるためには多くの技術が必要ですし、もちろん丁度よいお湯の温度でもただ注ぐだけでは不十分です。このタイプのコーヒーメーカーはそれ以上の事ができないため当然完璧なコーヒーを淹れたいという要求に応える事はできないでしょう。

ミドルクラスのコーヒーメーカー

41xcrgstyhl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

このクラスのコーヒーメーカーになると付いてくる機能として、ミルクまで自動で淹れてくれるというものがあります。また、コーヒー豆の代わりにカプセルタイプのベースを利用するというタイプの物も多く、このネスプレッソのコーヒーメーカーもそのタイプです。加えてコーヒーの抽出の精度が格段に上がります。例えばこちらのネスプレッソのコーヒーメーカーでは、カプセルに入っているベースに予熱をかけて最大限の味と香りが出るポイントで抽出します。また非常に大きい圧力(このマシンでは19気圧)をかけるなど、美味しいコーヒーを抽出するための細かい技術も搭載されるようになります。

その他にも、ミルクの淹れ方も量や泡立ちを調整できるなど、気分や用途に合わせて様々な味のコーヒーを楽しむことが出来るようになります。そして、エスプレッソやカプチーノ、カフェオレ、好みに合わせてコーヒーを淹れることが出来るようになるので、ご家族や友人と楽しみたいという方にもおすすめすることが出来ます。操作も非常に簡潔ですし、お手入れも手間をかけないように各メーカー工夫をして設計します。やはり本格的なコーヒーを自宅で楽しみたいという方には最低限このクラス以上のものをオススメしたいです。デザインもオシャレであったりかっこいいものも安価なものに比べると増えてくるので、インテリアにも気を使いたいという方でもピッタリのものが見つかると思います!

コーヒーを最高に楽しむことが出来るのは・・・

自分の部屋でお店レベルのコーヒーを淹れることは難しいのでしょうか...?けれど、もし自分の部屋でお店レベルのコーヒーを淹れることが出来るようになれば、毎日の朝のコーヒー代を節約出来るようになります。また友人が来た時でも美味しいコーヒーを出すことが出来るのでお茶を出したりという悩みをかかえることもなくなると思います!

51qxa%2bwlarl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

このクラスのコーヒーメーカーになると、カプセルはもちろん、豆から淹れる事ができるようになります。豆から淹れるのはやはり自動ではなかなか香りや味をうまく出すことが難しのですが、それが出来るようになるのがこのクラスのマシンです。また挽き具合も変えることが出来るので、豆や好みに合わせて調節しながら楽しむことができます。
またカップウォーマーも搭載しているので、味や香りだけでなく、雰囲気までまるでカフェのようなクオリティのものが出来るようになります。

本格的以上の、プロクオリティを目指す方であれば是非とも体験してみてほしいですし、最初でも述べたとおり毎朝、毎日飲むような方であればコーヒー代のことを考えると結果的に節約になります。


コーヒーの新着まとめ