ペーパー・金属・ネルでこんなに違う!コーヒーフィルターのすすめ

ペーパー・金属・ネルでこんなに違う!コーヒーフィルターのすすめ

おうちで本格的なコーヒーを楽しんでみたい!と思っても、いざ調べてみるといろいろ必要なものがあって、迷ってしまう・・・という方は多いかと思います。その中でも、コーヒーフィルターの違いはわかりにくいもの。それでも、コーヒーフィルターの材質が違うだけでこんなに違うんです!本記事では、「ペーパー」フィルター、「金属」フィルター、「ネル」フィルターの三種類の特徴をご紹介していきます。
書き手:ネコ吉

いちばん手軽!ペーパーフィルター

ペーパーフィルターの特徴といえば、まず何より手軽であること。安価に入手できて使い捨てられるので、初めての方にもオススメです。抽出時の味わいにも違いがあります。細かい繊維質によって、コーヒー豆の油分などが濾過されて、すっきりとした味わいになるのです。

ペーパーフィルターには、漂白タイプと無漂白タイプがあります。
漂白されることで、紙臭さが取り除かれ、紙の繊維にコーヒーの油分などを絡め取りやすくなりますが、エコロジーの観点で環境問題に対する懸念から避ける人もいます。健康問題的な意味では、現在ではほとんどが酵素による漂白をしているので心配ありません。
無漂白タイプのペーパーフィルターの紙臭さは、購入後に袋から出して干すように保管するか、2、3回湯通しすることで除去することができます。

51o%2bzn9ctll
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

風味を楽しむ!金属フィルター

金属フィルターではペーパーフィルターより目が粗く、コーヒーの油脂分や仄かな甘みが濾過されずにそのまま抽出されるので、強い風味になる傾向があり、コーヒー本来の味わいに近い形で楽しむことができます。
コーヒーの酸味や繊細な甘みを楽しみたい場合、またはインパクトの強いコーヒーが好きな場合は、金属フィルターを使うべきでしょう。焙煎の深いコーヒーに用いると、味が濃すぎて重くなるという側面もあります。ペーパーフィルターで濾過する微細な粉も濾過されない場合があり、少し舌触りがざらつく場合もあります。

金属フィルターは少々高価であり、また、毎回洗浄の手間が生じますが、半永久的に使えるため、長期的に見た場合にはメリットが大きいでしょう。現在、ステンレスと純金メッキという二種類の材質の金属フィルターが流通しています。

41iedmcounl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

マイルドな味わい。ネルフィルター

ネルフィルターでは、ペーパーフィルターよりはっきりした風味でありつつ、金属フィルターよりマイルドな味わいがあります。ペーパーフィルターより目が粗く、金属フィルターよりは細かいという、中間的なフィルターであるため、コーヒーの成分は通しつつ、豆の雑味や微粉はネルフィルターによってしっかり濾過されるため、雑味がなく、マイルドな味わいに仕上がるというわけです。

また、金属フィルターほどとまではいきませんが、繰り返し何度も使用できるので、ペーパーフィルターよりもメリットがあります。ただし、使用前には煮沸したり、使用後の洗浄、水に浸けた状態での冷蔵庫での保管など、ある程度お手入れに手間がかかります。

ネルフィルターは素早く濾過するため、急いでお湯を注意でしまうと、薄いコーヒーになってしまいます。少し粗く挽いたコーヒー豆を用い、ゆっくり淹れることが推奨されています。このように、ネルフィルターには多少の技術が必要なのですが、その分お湯の注ぐスピードなどに研究の余地が残されており、自分好みのコーヒーを見つけ出す楽しみもあります。

41jmi7t18tl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

おわりに

フィルターごとの違いをまとめてみると、
味の濃さは、コーヒーの濾過具合で決まるため、目の粗い金属、次点にネル、細かい繊維質を持つペーパー。手軽さで言えば、使い捨てで入手しやすいペーパー、洗浄の必要がある金属、手入れに手間がかかるネル。価格で言えば、ペーパーが一番安価で、次点でネル、初期コストが高い金属、となるでしょう。

初めての方であれば、初期コストや手間の点でまずペーパーフィルターで淹れてみることをお勧めします。そして、コーヒーを淹れるのに慣れてから、金属フィルターやネルフィルターを試してみて、自分好みのコーヒーを探って、それを抽出できるフィルターを見つけてみてください。

また、すでにコーヒーを淹れる習慣のある人でも、フィルターを変えてみるだけで、普段使っているコーヒー豆がまた違った味わいを見せてくれることでしょう。そうした違いを探りつつ、自分好みのコーヒー豆とフィルターの組み合わせ、そして自分好みのコーヒーを探求してみてはいかがでしょうか?


コーヒーの新着まとめ