コーヒープレスのすすめ。朝の5分間で最高の1日を始めましょう!

コーヒープレスのすすめ。朝の5分間で最高の1日を始めましょう!

みなさんはコーヒープレスという器具をご存知ですか?別名でフレンチプレスとも呼ばれるこの器具は挽いた豆に文字通り圧をかけて、コーヒーを抽出するものです。特徴は入れやすさと独特の舌触りです。ドリッパーで淹れるコーヒーとは一味違いますが、独特ながらも香りと味がしっかりと抽出されるので簡単ながらも美味しいコーヒーを淹れることができます。<br>またドリッパーに比べると非常にコンパクトなので、一人暮らしの方にもオススメです。まずはその特徴からもう少し見てみましょう。
書き手:sheep

コーヒープレスは忙しい朝の強力な味方!

毎朝コーヒーを淹れたいけれどなかなか時間がなくて・・・という方は少なくありません。やはりその理由はコーヒーを淹れるのには時間がかかるからでしょう。全自動のコーヒーメーカーなども確かに素早く淹れることはできますが、値段が高めのものが多いのでなかなか手を出すのが難しいですよね。
その点コーヒープレスは非常にリーズナブル、かつ淹れるスピードと使いやすさはドリッパーやコーヒーメーカーに比べても秀でていると言えるでしょう。

もうひとつの利点はその形にあります。筒状のポッドタイプでまさにティープレスと同じ形をしたものです。この形の良いところはとにかくコンパクトなところ。場所を取りませんし、取っ手がついているので邪魔になったらすぐどかすことも出来ます。またスリムな形状なのでインテリアを崩すこと無く、むしろ引き立ててくれるようなデザインですね。

デザイン重視?機能重視?あなたに合ったコーヒープレスを選んでみてください

コーヒープレスの具体的な使い方・・・の前にまずはどんなコーヒープレスが販売されているのか見てみましょう。自分の部屋で使っているシーンを想像してみてください。あなたの手にはどのコーヒープレスが握られているでしょうか?

HARIOのフレンチプレスはどんなシーンでも活躍します

414mzbpiscl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

HARIO(ハリオ)のコーヒープレスは定番です。サイズ感が少しつかみにくいですが、500mlのペットボトルより一回り大きくらいなので、実はそれほど大きくありません。一回で300mlなので、ちょうど2杯分ほどのコーヒーを淹れることができます。
実際にコーヒーをプレスする際のプレス感がかなりいいので、初めてという方でも使いやすいタイプのものになっています。
デザインもベーシックながらスクエア型の取っ手がポイントとなっていて、どのお部屋でも置いてあると映えそうですね。

デザインも性能もハイクラス!BODUMのEILEENフレンチプレス

41jx3bxaj3l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらは少し不思議なデザインのフレンチプレス。これを友人の前で出して見せたらきっと興味を惹いてくれるでしょう。見た目も素敵ですが、細かい所が非常に優秀です。まず食器洗浄機での洗浄が可能なのでお手入れがとても簡単。また、香りをしっかりと容器から逃さないので、味が引き立つだけでなく、壁などにコーヒーの臭いが付いてしまうこともありません。
一人暮らしの方からご夫婦、ご家族の方までどんな場面でも活躍してくれるコーヒープレスです。

BODUMのKENYAフレンチプレスはコーヒーを淹れた時の雰囲気が抜群です

41ysl%2bktzyl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらのコーヒープレスは、350ml、500ml、1000mlとどのようなシーンでも使えるように3つの容量のものが用意されています。一人暮らしの方は使いやすい350mlのものを、ご家族の方やご夫婦の方はワンサイズ、ツーサイズ上のものがオススメです。リーズナブルな値段と確かな味、デザインも含めて、おそらくこちらのBODUMというメーカーの中では最も人気のものになります。
何と言ってもコーヒーを淹れた時の見た目はとても良い雰囲気がありますね。

お手軽すぎる!コーヒープレスの使い方を解説

コーヒープレスの使い方はとても簡単です。手順が少ないのでひとつひとつのコツやタイミングをつかめば美味しいコーヒーをいつでも淹れることが出来るようになります。簡単に使い方を見ていきましょう。

コーヒー豆は粗挽きのものを使いましょう

まずはコーヒープレスの中に挽いた豆を淹れていきます。ポイントは粗挽きの豆を使うことです。細かく挽いた豆だとプレッサーをそのまま通過してしまう粉があるので、舌触りがザラッとしたものになってしまいます。粗挽きは粉が大きめなのでしっかりとプレスしてあげれば美味しいコーヒーを淹れることができます。
カップ一杯のおよそ120ccあたりに7gを目安に入れましょう。もちろん多めに淹れたい場合にはこの分量の比のまま入れてあげればOKです。

41e doqs3ol
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらの粗挽きのコーヒー豆がオススメです。3つの豆をそれぞれ楽しめるので気分に合わせてお好きな味で淹れることができます。

お湯は90度から96度を目安に。4分間ピッタリで抽出しましょう

お湯は90度から96度目安で、粉の量に合わせて(7gあたり120cc)入れていきます。このとき一度に注がず、ゆっくりと蒸らしながら入れましょう。お湯を入れた後はマドラーなどを使い少しかき混ぜてあげます。
そしてプランジャーと呼ばれる蓋にあるつまみを上まで引き上げた状態で蓋をかぶせ、4分間そのままにしておきます。この4分間が蒸らしのポイントになるので、短すぎず長すぎず、時間を測るようにしましょう。
4分が経過したらプランジャーをゆっくりと押し下げて抽出完了です!

コーヒープレスはリーズナブルで美味しいコーヒーライフを約束してくれます

いかがでしょうか?きちんとタイミングと分量を間違わなければ簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。コーヒープレスの難点はお手入れが少し大変なところですが、食器洗浄機対応のものもあるので生活スタイルに合わせてピッタリのコーヒープレスを探してみてください。
朝のたった5分で美味しいコーヒーとともに一日をスタートしましょう!


コーヒーの新着まとめ