ハンドドリップコーヒーのお供!おすすめのドリッパー5選

ハンドドリップコーヒーのお供!おすすめのドリッパー5選

こだわりの1杯にはこだわりのドリッパーを。ハンドドリップコーヒーを淹れるときに欠かせない、ドリッパーについて、その役割や種類の違い、おすすめのドリッパーをまとめました。これから自宅でコーヒーをハンドドリップしたいと考えている方にとってドリッパー選びは避けては通れないもの。そんなときに参考にしていただければと思います!
書き手:sheep

ドリッパーとは?

ドリッパーとは、内側にフィルターをセットしてコーヒーを抽出する際に使用する器具のことです。上の画像のようにサーバーと呼ばれる下でコーヒーを受ける道具の上に置いて使用します。上からお湯を注ぐことで、お湯がドリッパー内のコーヒー粉を通り、サーバーにコーヒーが落ちるという仕組みになっています。

ドリッパーの種類

一口にドリッパーと言っても各メーカーから様々なタイプのものが出ており、どれが自分にあったものなのか分からないという方も多いと思います。注目するべきポイントはメーカーと素材の種類です!

メーカーで選ぶ

代表的なものには、カリタ・ハリオ・メリタといったメーカーがあります。各メーカーごとに穴の数と形状が異なり、その違いが味の違いへとつながります。

カリタのドリッパー

日本のコーヒーシーンの草分け的存在のカリタ。カリタのドリッパーの特徴は穴が3つ空いていて、扇型をしていることです。側面から見ると台形の形をしているカリタのドリッパーは、円錐型のドリッパーに比べてお湯の通り道をコントロールするのが難しく、毎回安定して淹れるのは難易度が高めになっています。また、リブと呼ばれるドリッパーの内側についている溝が深いのも特徴で、コーヒー粉とドリッパーが触れ合う面積が小さくなり、抽出時間が短めになることも特徴です。

ハリオのドリッパー

実験器具の製造から始まったハリオ。ハリオのドリッパーの特徴は中心に大きめの穴が1つ空いた円錐型をしているということです。円錐型のため、中心にむかってお湯が通るので、毎回安定してコーヒーを淹れることができます。リブの形状は渦を巻くように溝がついているので、お湯が少し回りながら落ちていきます。また抽出時間もカリタのドリッパーに比べて長めになります。ただし、穴の大きさが大きいので少量のコーヒーを淹れる時(1~2杯程度)はあっさりしすぎてしまうかもしれません。

メリタのドリッパー

現在のペーパードリップの方式を確立したメリタ。メリタのドリッパーは、中央に1つ小さい穴がある円錐型をしています。そのため、ハリオのドリッパーに似ていますが、1つ異なる点は、穴の大きさが違うのでハリオのドリッパーに比べて落ちる速度が遅くなることです。そのため1~2杯程度淹れる時はメリタのドリッパーを使うのがおすすめです。(ハリオのドリッパーを使うと薄くなりすぎてしまいます)

材質・素材で選ぶ

ドリッパーの中には、プラスチックでできているものから陶器や他の材質を用いて作られているものがあり、ドリッパーの素材によって特徴が異なってきます。主な素材には、
・プラスチック
・陶器
・銅
などがあります。ペーパードリップの味を決める要素の1つに温度があります。熱伝導性が高い銅でできたドリッパーは温度変化が小さくおすすめです。

おすすめのコーヒードリッパーは?

メーカーや材質ごとにおすすめのコーヒードリッパーをご紹介します!

51gowteiabl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

Amazonで最も売れているコーヒードリッパー。お手頃な値段でありながら、デザイン性も高くおすすめです。カリタのドリッパーでまず思い浮かぶのはこのドリッパーです。

31ujmdug1pl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

メリタの陶器でできたドリッパー。ドリッパーの白さが美しいですね。

414byjdrvpl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

ハリオのドリッパー。メタリックなデザインがスタイリッシュでおすすめです。

31w1lbesy4l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

針金でできたコーヒードリッパー。一風変わっているように見えますが、安定性もあります。なんといっても軽いのが特徴です。

410k6fsm2ol
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こだわりのTSUBAMEブランド。職人さんの丁寧な仕事が魅力的なドリッパーです。カリタのドリッパーラインナップの中ではじめて銅でできたドリッパーで、美しいデザインも魅力的です。

いかがでしたか?ドリッパーと一口に言ってもメーカーや素材によって大きく変わってきます。見た目の違いだけではなく、コーヒーの味にも影響してくるもの。それぞれのスタイルにあったドリッパーを探してみてはいかがですか?


コーヒーの新着まとめ