本格「水出しコーヒー」の簡単な作り方をマスター。ポットなどの器具もご紹介します。

本格「水出しコーヒー」の簡単な作り方をマスター。ポットなどの器具もご紹介します。

水出しコーヒーの作り方を知っているでしょうか。「ポットなどの器具は必要なの?」「家でも簡単にできるの?」などさまざまな疑問があると思います。そこで、この記事では本格的な「水出しコーヒー」の簡単な作り方をご説明するとともに、ウォータードリッパー、ポットなど必要な器具もご紹介します。
書き手:sheep

本格的な水出しコーヒー。その美味しい作り方は?

夏や暑い日に飲みたい、水出しコーヒー。お店などで注文する人も多いはず。
しかし、家庭での美味しい作り方を知っている人は少ないのでしょうか?「水出しコーヒーには何の器具が必要なの?」という声も聞こえてきそうです。

そんな疑問にお答えして、この記事では本格的な水出しコーヒーのつくり方。そしてつくるのに必要なポットなどの器具のご紹介をしていきたいと思います。

おいしい水出しコーヒーの作り方

今回ご紹介したい水出しコーヒーの作り方は2つあります。

1つは専用ポットに粉と水をいれて抽出する方法。こちらは、寝る前につけておいて朝コーヒーを楽しむといったこともでき、お手軽な方法。

もう1つは、専用ドリップポットを使う方法。こちらは、長い時間をかけてゆっくりゆっくりとコーヒーを抽出していきます。「ミヤマ珈琲」など有名珈琲店で水出し器をご覧になった方はイメージしやすい方法かもしれませんね。

コーヒーバッグを使う方法ももちろんお手軽なのですが、この記事では「お手軽で本格なコーヒー」をつくる方法のため、説明を省略したいと思います。

【簡単】:フィルター式の専用ポットに粉と水を入れた抽出

まず、最も簡単なのは粉と水を入れた抽出方法。こちらは水出しのお茶と同じ仕組みなので、作り方も分かりやすいかと思います。

こちらは、アイスコーヒー用の粉をフィルターの中にいれ、フィルターの粉全体が湿るように、ゆっくりと水を注ぎます。もちろん普通のレギュラーコーヒーの粉でも問題ありません。注いだ後、8時間程度待つと美味しいコーヒーができあがります。また、この待つ時間の長さによって抽出されるコーヒーの濃さが異なるため、自分好みの長さを探してみるのもおすすめです。

こちらの作り方には、写真のようなコーヒーボトルを使うのが便利です。

【簡単本格】:点滴式の専用ドリップポットで時間をかけて抽出

こちらは、水出しコーヒーのつくりかたの中で最も美味しく飲める本格的な方法です。

こちらもまずコーヒーの粉をフィルター部分に入れます。その後、コーヒーの粉の全体が湿る程度に水をゆっくりと3回程度に分けて注ぎます。最後に、上部のボトルに水を入れ、後はじっくりと待ちます。その時間は約2時間程度。それほど経つと、ぽたぽたと下のボトルに抽出されたコーヒーが適度な量になり、美味しく楽しむことができるでしょう。

こちらは、写真のように特殊な形をした専用の水出し用コーヒーサーバーが必要になります。

水出しコーヒー用ポット(ウォータードリッパー)をご紹介

HARIO(ハリオ)フィルターイン コーヒーボトル

31on%2blbsnal
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

いくつかあるコーヒー器具メーカーの中でも、水出しコーヒー用のボトルを多く出しているのはHARIO(ハリオ)なのではないでしょうか。そのハリオの中でのおすすめはこちらのコーヒーボトルです。

ワインボトル型のデザインがお洒落で、そのまま冷蔵庫にいれても良いですね。また、ワインボトル同様にそのまま注ぎ口からコーヒーをワインのように注ぐことができ、水出しコーヒーを飲むところまで楽しめる一品。

HARIO(ハリオ) ウォータードリッパー 雫

31ukttsgyll
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらは、HARIO(ハリオ)のウォータードリッパー。上で紹介したものと違う点滴式水出しのものです。ストレーナーは短くメッシュが細かくなっているので、コーヒー粉全体に水が浸透し効率よく抽出できます。

お値段も4000円程度とお手頃なので、気軽に本格的な水出しコーヒーを楽しみたい人におすすめです。

iwaki SNOWTOP「Uhuru」

41zuqtyjmtl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

先程の作り方の項目の写真でもご紹介した水出しコーヒー用サーバーです。

こちらはなんといっても、木でできたボディとガラスのバランスが美しいことが特徴。置いているだけで「水出しコーヒー」への愛の違いを感じさせてくれる品です。

雫を落とす速度を安定させるための構造と調節コックがあるので、濃さを調節することができます。

水出しコーヒー用の豆は?

水出しコーヒーには、ふだんのレギュラーコーヒー用の豆でも問題はありません。でももちろん、せっかく器具などを整えてコーヒーを入れるなら美味しいものにしたいですよね。

スーパーなどで袋入りのコーヒーの粉を買う方は、アイスコーヒー用と書いてあるものか、深炒り中挽きのものがおすすめ。また、コーヒーショップで買う豆にはたいていアイスコーヒー用の豆があります。もしくは、深煎りの珈琲豆を「水出し用」に中挽きにしてもらうのがおすすめです。

コーヒーショップは店員さんに聞いてみると、実はその店での水出しコーヒー用のオススメがあるなどを教えてくれるかもしれませんので、参考程度にしてみてください!

いつでも飲みたい。「水出しコーヒー」

暑い時期や夏におすすめの水出しコーヒー。ドリップとはまた違ったスッキリとした味は、いつでも飲みたいものですよね。1度を作り方を覚えたり、専用のポットを購入していれば難しいものではないはずです。

ドリップコーヒーとは違う楽しみのある水出しコーヒー。ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。


コーヒーの新着まとめ