オロビアンコの腕時計で贅沢な休日コレクションを

オロビアンコの腕時計で贅沢な休日コレクションを

オロビアンコはかばんブランドとして近年人気が高まってきているイタリアのブランドですが、腕時計も主力製品として展開しています。腕時計のブランドとしては比較的若い部類ですが、そのクオリティは高級腕時計にふさわしいものです。雰囲気はクラシックでフォーマルに近い、大人な印象を持つものなので、そういった服装をされる方などは休日のよきパートナーとしてピッタリの時計が見つかると思います。
書き手:sheep

オロビアンコが贈る腕時計は休日の最高のパートナー

オロビアンコはイタリアのバッグブランドで、フォーマルでクラシカルな大人の男性向けといったイメージになります。社会人の男性が持つカジュアルなバッグとしても人気が高く、ちょっといい買い物にという方も多くみれらます。
オロビアンコの腕時計もその例にもれず、クラシカルな雰囲気を基調としていながらもおしゃれで遊び心あふれるようなものになっているので、休日の外出やデートの時など、付けていってみたい時計ですね。

オロビアンコの腕時計は2本目も買えるリーズナブルさも魅力

オロビアンコの腕時計で魅力的なのはそのリーズナブルさにもあります。非常におしゃれで高級感あふれるデザインでありながらも、10万円を超えてくるような高級時計の価格帯をゆうに下回るほどのリーズナブルさなので、1本目だけでなく2本目、さらにはコレクションまで・・・とついつい手を出してしまいたくなるような価格です。

オロビアンコの腕時計、思わず全部コレクションしたくなってしまうかも

オロビアンコの腕時計はデザインも非常に優れています。バッグを中心に取り扱うブランドといこともあり、「人からどう見られるか」というところには非常にこだわっていると感じます。どんな人から見られてもおしゃれでかっこいい、そんなコレクションを紹介していきたいと思います。

オロビアンコ オラクラシカ

51eydwhmf3l
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

まず特徴的なのがローズゴールドのインデックスですね。大体で大きいインデックスですがやはり統一されたデザインのコンセプトがしっかりとしているため、非常にきれいで見やすいものになっています。
オロビアンコのロゴも少しレトロなカフェのようなロゴになので時計にぴったりマッチしています。
こちらのオラクラシカは他にもグレーのダイヤルのもの。ブラックとホワイトのよりクラシカルなものなどがあるので普段のファッションなどに合わせて選んでみてください。

オロビアンコ ロマンティコ

51arkd8cfkl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

こちらはかなり秀逸なデザインのものです。オープンハート(内部の構造が見えるようなつくり)が7時の位置にあり、それに重なるように2つの大きさの違うサブダイヤルが配置されています。
青いダイヤルと合わせるとまると西洋の名画であるかのような雰囲気を感じることができます。インデックスは偶数の時間のみアラビア数字のインデックスが施されています。
こちらもほかにダイヤルが白いもの、黒いものの二つがあります。いずれもオープンハートを中心としたデザインが際立つ素晴らしいものになっています。

ブラックのダイヤルのもの
よりコントラストが強調され、他の2モデルと比べてもベゼルの色が黒みがかっているので、黒い服装を好む方にはぴったりの一本になるでしょう。

オロビアンコ エレット

51bycalwbpl
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

エレットはこれまで二つと比較するとかなりクラシカルな印象が強いデザインです。
すべてのインデックスにアラビア数字が採用されており、日付窓、二つのサブダイヤルなどは実用性にもこだわる方には文句なしでしょう。
ブラックのダイヤルもの、グレーのダイヤルのものが他にありますが。それぞれかなり違った印象になるのもこのモデルの面白いところです。

ブラックのダイヤルのもの。
少し若さも見られ、赤い秒針がデザインのアクセントになっています。

オロビアンコの時計は休日を楽しむすべての人に

ここまで、オロビアンコの腕時計について見てきましたが、そのコレクションはこれだけにとどまりません。男性向けのものから女性向けのものまで豊富な種類、デザインものがありますし、防水性などの機能もしっかりとついているのはこの価格帯のものとしては非常に優れていると言ってよいでしょう。
休日、どんな腕時計を付けていこうか迷ってしまう。そんな贅沢な楽しみをこのオロビアンコの時計は届けてくれます。まずは一本、きっとすぐに二本目を探したくなるはず。ぜひ見てみてください。


時計の新着まとめ