苦味の強いコーヒーが飲みたい!そんなときには自家焙煎!簡単な方法、紹介します。

苦味の強いコーヒーが飲みたい!そんなときには自家焙煎!簡単な方法、紹介します。

焙煎って専門の職人さんが専門の焙煎機を使ってやるものでしょ?そう思っている方多いと思います。でも実は焙煎っておうちで簡単にできちゃうんです!おうちにあるもので手軽にできちゃう焙煎方法をご紹介します。
書き手:sheep

そもそも焙煎って何?

焙煎(ロースト)とはコーヒーの生豆をいる加熱作業のこと。収穫され精製されたコーヒーの生豆は薄緑色をしていてそのままでは飲むことはできません。そこで加熱をしてあげるとコーヒー豆の中で化学反応が起こり私たちになじみの深い、あのコーヒー独特の香りや苦味、酸味、香ばしさが生まれてきます。従ってコーヒー豆にとって焙煎という作業はコーヒーとして飲料になるために必要不可欠な工程になります。
焙煎は焙煎時間や熱のかけ方によって8段階の「焙煎度」で分類され、それぞれコーヒーとして抽出した際には異なる味を生み出します。

焙煎度による違いって?

焙煎度は浅い方からライトロースト、シナモンロースト、ミディアムロースト、ハイロースト、シティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストの8段階があります。焙煎が深くなるにつれてコーヒーとして抽出した時の苦味と酸味のバランスが異なります。一般的にはライトローストとシナモンローストをまとめて「浅煎り」、ミディアムローストとハイローストをまとめて「中煎り」、シティロースト以後を「深煎り」と総称することもあります。見た目もライトローストは黄色がかった小麦色ですがイタリアンローストになるとほぼ黒くなるという変化が見られます。

自分で焙煎してみたい!

実はコーヒー、焙煎をした後だとどんどん酸化が進むようになりほおっておくと酸味しかない酸っぱいコーヒーになってしまいます。これは避けたいのですが、お店で買う豆は工場で焙煎してから配送されてくるわけで、どうしても何日かロスしてしまいます。しょうがないことなのですが特に深煎りが好きで苦味が強いコーヒーが飲みたい方におすすめの方法があります。

それはズバリ、「自家焙煎」。
生豆を買ってきて自分で焙煎をすれば焙煎したての苦味の強いコーヒーを楽しむことができます。
でも自家焙煎なんてお店がやることで一家庭じゃ設備も何もないんだしそんなことできない、と思いますよね?
じつは意外と簡単に焙煎って出来ちゃうんです!ここでは家庭で簡単にできる方法をいくつかご紹介します。

手網で焙煎

まず一つ目の方法は「手網を使って直火で焙煎」する方法です。
手網は銀杏や大豆を炒るために用いる網でOK。そんなのウチにないよという方もご安心を。数千円で手に入れることができます。

何が必要?

41jsfx12gql
sponsored
※最新の情報は商品ページをご確認ください
商品ページへwww.amazon.co.jp

先ほど触れた手網のほかに、生豆を100~150gほど、なるべく肉薄の方が焙煎しやすいです。
また焙煎した後には急速に冷却させる必要があるためうちわやドライヤーなど風を送ることができるものもあると良いでしょう。

やってみよう!

まず手網をコーヒーの焙煎用にカスタマイズしていきます。カスタマイズといっても側面の網の部分を凸凹にしてあげるだけ。こうすることで網を横にぐるぐる回しても撹拌できるようになり、豆の撹拌率が上がるためムラなく効率的に焙煎を進めることができます。

工程としては「蒸らし」、「焙煎」、「冷却&欠点豆の除去」の3つです。
「蒸らし」は遠火で生豆の水分を抜いていく作業です。この工程は10分程度。途中から薄皮がはがれてくるのでコンロの周りにはアルミホイルを敷いておくなど掃除が楽になるような工夫をしましょう。
その後「焙煎」をしていきます。合図になるのは豆が弾ける音。最初は「バチバチッ!」、いわゆる「1ハゼ」という破裂音がします。浅煎りの場合はここから2,3分で終わりですが、それ以上になると「ピチピチ」という「2ハゼ」の音が聞こえてくるまで焙煎を続けましょう。
最後に「冷却&欠点豆の除去」を行って終了になります。「欠点豆」とは欠けた豆、変形してしまった豆、色が変わりきっていない豆のことでしっかり除去しておかなければ雑味の原因になりますので見落としなきようご注意ください。

フライパンで焙煎

基本的な工程は手網の時と同様なので参照してみてください。
少し違うのは終わりが好みの焙煎度の少し前であること。手網と違って余熱の効果がありますのでそこも計算に入れて焙煎していきましょう。

オーブンで焙煎

こちらも基本は同じです。
他の方法と違うのは加熱中に豆を動かすことができないという点なので、時々開けて菜箸などでかき混ぜるようにしてあげましょう。これをしなければ入村ができてしまいます。

憧れの自家焙煎を我が家で!

いかがでしたでしょうか。自分で焙煎をしてみると、聞いたことがある焙煎度の遷移が目の前で見れて面白いですよ。薄皮がごみとして大量に出るので掃除のことまで考えて、自分で焙煎をしてみてください。自分好みの焙煎度を見つけて淹れるコーヒーは愛着がわいていろいろ試してみたくなりますよ


コーヒーの新着まとめ